ビスクドールの世界
山口和男 パステル画展
2017-11-18 Sat 20:20
お風呂
山口
1枚目は我が家のリフォームされたバスルームです。お風呂と言うよりバスルームと言った方がピッタリ決まります。
改装丸々4日間、東京ガスの下請けの業者さんは、休む暇も無い程で、朝8:30より夜7:00過ぎまで、目一杯の働きっぷりでどうにか予定の16日に終了となりました。ちょっとシックでモデルルームぽいでしょう?

翌17日にはレッスンでお二人みえ、開始前に掃除機をかけて満を持した次第です。前日にも一生懸命養生シートを取り払った後、拭き掃除まで済ませて帰られましたが、一夜明けると、舞い上がった埃が沈静して、薄っすら灰が被った様で、慌ててダイソンの出番となったものです。

お一人目がいらっしゃった時には、まだ掃除の途中でしたが・・・

2枚目は山口さんの個展のDMです。今秋は3度展示会をなさり、その都度伺えなく、今年最後の吉祥寺リベストギャラリー「創」のパステル画展に行く事が出来ました。
早目にレッスンを切り上げて、以前から知り合いの生徒さんお一人を誘って訪ねました。
夕方6:00まででしたが。ぎりぎりの5:50頃まで、旧交を温めさせて貰いました。
絵にしろ、ドールにしろ、もの創りに関わる人とお話させて頂くのは、新しく気付く事もあり、楽しい時間です。
22日最終日は17:00まで。果物がとっても瑞々しいですよ。

吉祥寺東急で他の生徒さんのお孫ちゃんの出産祝いを買い求めて帰りました。

明日から大阪と広島に2拍3日で出掛けます。初めてユニバーサルスタジオジャパンに行き、娘夫婦・孫と合流します。
秋の旅は如何相成りますことやら・・・


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
想定外
2017-11-15 Wed 16:44
キルンを直して、コンペティションに間に合う様に、せっせとドールを創っていた日から、そう遠からずの先週、磁器焼成・ウオッシュ・ペイント焼成と順調に進んでいたのに、突然古い方の窯の火力が上がらなくなりました。

前日に脇目も振らずに描き進め、いい感じの8ヘッドを並べて、温度が随分低い??とは思ったのですが、まさか修理したばっかりだし、と翌朝開けてビックリ、全く絵付けが焼き上がっていません。

あーあー、想定外のトラブルに気落ちする事、立ち直りの早い流石の私もガッカリ、2ヘッドはダメ押しでもう1度と焼成したので、出来上がりとしてもいいのですが、他は途中のが1ヘッド、残りは描き始めたばかり、残念無念と蓋を閉めてしまいました。
年末に間に合えば新作をと、大慌てで5ヘッド準備しつつありました。目論みが外れてしまいました。

先週末は2日続けてたった1匹になってしまった愛犬を獣医さんに連れて行きました。高齢で気が付けば悪い所がありそうです。
やはり点滴をして貰い、処方された薬を持ち帰りました。一難去ってまた一難・・・

この月曜日から2Fのお風呂の解体・新装工事に突入しています。調子が悪く、給湯器のみの交換で済ませようとも考えたのですが、劣化していそうと、全とっかえになりまして、大工事です。
鉄筋造りでタイル張り、頑丈この上なく、撤去にすでに2日がかり、今日から、やっとユニットバスの組立に入っています。明日までが予定ですが、さーて仕上がるかな・・・

耳をつんざく大音量で、ご近所もさぞかし迷惑しておられる事でしょうが、我ら夫婦もじっと我慢で、手に着かないながら、プチやミレットの下着を縫い進めたり、今日は喪中はがきを330枚ほど、プリンターで作ったりしていました。
今までお伝えしていませんでしたが、秋口母が身罷りました。9月は超多忙でして、忙しさにかまけて、考える間もなく、もう冬の気配です。

想定外が色々ありの9:10:11月です。
さー今度はオリエンタル・ホテル・ギャラリーの手筈を算段したりで、暮れに突入でしょう。

その前に言う事を聞かない、新旧窯の2つを何とかしなくちゃー、このままではドール制作が頓挫してしまいます。
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
旅行けば
2017-11-08 Wed 12:33
我がGDSメンバーとDAGの皆様とコンペティションで数年間に渡って、ご一緒に行動して来ました。イギリス・スイス・ドイツとあちこち袖すり合うも多生の縁どころか、毎年の様に10日間程、濃密な旅仲間となっていたものです。

何時か皆でドール達を並べて展示会が出来たらいいわねッと話してはいたのですが、図らずも此度展示の運びとなります。
期間は長く、1カ月と1週間もありますので、8名での開催の案内状の手配など始めました。

今月1日、愛犬が身罷り、2日レッスン日でしたが、お見えの3人に少し早目に終えて頂き、深大寺動物霊園でお葬式を致しました。

残ったもう1匹もなんだか寂しそうで、もちろん我ら夫婦もぽっかり穴が開いた様でしたが、4~5日娘が友人の結婚式に出席する為、上京して来ましたし、一昨日は予約して置いた人間ドックがあり、武蔵野日赤で半日過ごしました。
昨日はレッスンが入りお一方とドール創りに浸っておりまして、徐々に悲しみは癒えて来ています。

何より、皆で展示会を行う準備を是が非でもとなって来てますので、気持ちはそちらに向かい、張り切って来ているところです。

愛犬の看病で、中途にになっている我がドール達に戻る事に致しましょう。待ち草臥れているでしょうから・・・


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ハロウィーン㏌新浦安
2017-10-31 Tue 21:01
ハロウィン1
ハロウィン2
ハロウィン3
ハロウィン4
今日は前々からのお約束で、新浦安の「オリエンタルホテル東京ベイ」に出掛けて来ました。
来年1月1日から1カ月、展示スペースで「新春ビスクドール」展をしませんかとのお誘いを、お仲間さんが受け、ガラスケースがかなり多く、皆でと言う事で生徒さんお二人もご一緒に、下見に行ったものです。

ハロウィンの京葉線は仮装の大荷物を抱えた人や、衣装を決めた小さな女の子や、前に佇む外国人のカップルは黒のスニーカーにオレンジの靴紐、しかも靴先には手描きのカボチャやお化けや魔法使いがペイントされていて、さりげない主張にちょっと感心しました。ほとんどが舞浜のディズニーリゾートで下りて行き、他人事ながら後ろ姿にワクワク感が溢れていて、こちらも伝染気味です。

担当者とお話し、ランチは隣のブライトンホテルのビュッフェスタイルで結構長ーく美味しく頂きました。
上のカボチャはオリエンタルホテルので、下はブライトンホテルの撮影ポイントです。

色違いの「4種のビール飲み比べ」を追加オーダーし、三口で飲み干す程のサイズで少々物足りなかったかな。
デザートの小さなお顔の乗ったプチケーキもハロウィーン色でしょう。

イギリス行のメンバーが1カ月半振りに揃いましたので、あれこれ話は尽きず、ラストオーダーの2時半過ぎにやっと、帰宅の途に着きました。

夕食前に終了間近の獣医さんに点滴に行きました。実は新浦安へ出発前にも、栄養や痛み止めなどの治療に連れて行ったのですが、随分弱って、明日は休診だし、ただの気休めかしらと思いつつ、止めるタイミングを決めかねて、虚ろな様子の愛犬に声掛けしながら通っています。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
神田へ・・・第2回すぎもと工芸教室 展
2017-10-28 Sat 08:56
すぎもと
螺鈿
会場
小野寺
ご無沙汰してます。
先週 木・金・土と生徒さんがお一人ずつ見え、レッスンをしました。時間調整をして、まとめようとしてみたのですが、シフト制で仕事の方もおられ、上手く行きませんでした。

来期に向けて制作に掛かり始め、生徒さんのと一緒に4ヘッドをペイント焼成し、順調と思っていた矢先、生徒さんが帰られた21日の土曜日の夜、愛犬の具合が悪くなりました。12月中旬に15歳を迎える高齢犬で心臓に持病があり、ここ数年は月に何度かの獣医さん通いが、ほぼ1日置きになりました。
手を尽くして貰い、夫と替わり万古に出掛ける様にしていますが、発作か痙攣かを起こしますので、目が離せません。

そんな中、昨日神田まで展示会に行って来ました。以前の生徒さんからご案内を頂き、蒔絵と螺鈿の教室に通っておられると知り、お一人を誘って訪ねたものです。

漆というものは漆塗りの本場で制作されているものと思い込んでいまして、東京芸大の美術研究科に漆芸専攻があり、出身の方を講師に教室まであるとは知りませんでした。
とても興味深く拝見し、元生徒さんの作品の見事な螺鈿細工を写させて貰い、ギャラリーもパチリ、すぎもとさんに少しレクチャーして頂き、小一時間程楽しいひと時でした。明日の29日まで。

下のスケッチは高田 純次氏作で、神田歩きの折立ち寄られたシーンをPCで再生していたので、写してみたものです。
ご本人はおられなくて、Oさんの笑顔をブログにアップしても宜しいかしら?と確認したら、TVで放映済みだから、構わないでしょうと仰って下さいました。

丁度お昼になりまして、ランチタイムでサラリーマンでごった返す神田西口商店街をぶらぶらと往き、神田と言えばお蕎麦かな?と「新そば」の幟に惹かれて、数店舗覘いてみたものの、列が出来ててとっても無理。道すがらの「いろは寿司」に入り、生徒さんとにぎり上を注文したものです。

国立新美術館の「独立展」のご案内も来ていまして、そちらも気にはなったのですが、夫に預けた犬が心配でランチ後すぐに取って返しました。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
秋本番
2017-10-13 Fri 10:28
今日13日から秋と天気予報で言ってます。確かに昨日まで暑く、半袖で過ごしていました。
そんな中レッスン日で2人見え、お一方は早くも来年用のドールのカットです。。

コンポジションボディーの新規の入手が難しくなっていますので、生徒さん達には限定と伝えています。
もしも次期コンペティションに参加するかもとの思われている方には、そちらのドールに集中して頂き、マイドールを創る方には、ご希望には添いたいのは山々ですが、シェアして貰うつもりです。
早いもの勝ちと言ったら、申し訳ないのですが、以前の様に材料が右から左とは行きませんので、仕方ありません。
とは申しましても、どの子も可愛いく出来上がる様に、ご指導し、楽しんで頂けるでしょう。

私自身も来期の展示会に向けて、20数体は追加しなければなりませんので、ボディーをカウントしながらとなります。
まだまだ切羽詰まった事態とはなってませんが、さて、再来年辺りどうなりますことやら?

ノルウェーを検索してみまして、何とか辿り着けそうです。行こうかな・・・どうしょうかな??
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
表彰式とさらばイギリスまた何時の日か
2017-10-08 Sun 09:14
表彰
表彰 (2)
表彰 (3)
表彰 (4)
表彰 (5)
表彰 (6)
表彰 (7)
表彰 (8)
夕方ホテルに戻り、着替えてガラディナーに備えます。いよいよ表彰式です。皆3体ずつエントリーしています。
重なっている部門もあり、皆が皆トップを取れる訳ではありません。皆様の努力を見て来ていますので、叶う事なら全員ゴールドと行きたいものですが・・・

まずはお食事とワインを楽しみ、Tombolaの発表です。我々は会場を抜け出し毎日観光に出掛け、ギリギリ間に合う様に帰り着きますので、お土産やギフトをゆっくり見定め、多くのチケットを購入していません。最小の5ポンドを投じただけですので、期待はしていませんでしたが、生徒のNさんに1つ可愛い物が当たりました。

さー表彰式が始まりました。まずはDAGから、かなり時間が掛かります。待ってました!我らがGDSが続きます。

満面の笑みの赤いワンピースの私は、エスニック部門金、ベビー部門銀、ドイツ描き目部門銅でした。
お仲間の緊張気味のKさんは、ファッションドール部門金、プチドール部門銀、ブリュ部門銅でした。
生徒のNさんは、ミレット部門金、ファッションドール部門銀、ブリュ部門アチーブメントでした。
生徒のHさんはKさんとご一緒に写って、ブリュ部門銀、フレンチ部門銅、ファッションドール部門銅でした。
それぞれ表彰状とトロフィーを受け取り、ファッションドール部門は日本人独占で大きな拍手に包まれたものです。

採点表はドールのクオリティー、例えばカットやビスクの状態や描き方やボディーサイズなどの1枚と、コスチュームの素材・縫い方・靴・靴下などの2枚が添えられていまして、次のチャレンジの励みにしたり、自身の不備の反省にしたりします。

何と言っても、人前で表彰される事など無くなって数十年、ハレの場で、華々しく名を呼ばれ、ハグされ、単純な私などもう有頂天なのです。しかも、ご一緒の皆様も同様に晴れやかなお顔です。やれ嬉しや!遠くイギリスまでやって来た甲斐があった喜びと共に、頑張った結果が伴い、胸を撫でおろしたものです。

翌10日は最終日、毎日ほぼ同じメニューのビュッフェスタイルの朝食です。焼きトマトと巨大ブラウンマシュルームが目立ちますでしょう。6枚目はダイニングのドアを出た所のホテルの裏庭に立つ、「チーム マスブチ」の面々です。庭でお食事中の方々もおられます。

ハンギングバスケットが美しい窓の辺りが私達の部屋でした。その部屋に関して、トラブルがあったんですよッ!
9日の夕方、ホテルに帰り着きますと、何故かダブルブッキングされていて、4人で1部屋にされました。
今を去る事3月に予約を入れた時、参加人数が2人位増えそうだったので、トリプルを2部屋キープしました。結果的には4名だけになりましたが、差額がそれ程でもなくそのままにしていました。
2泊はとても広く快適に過ごしましたが、最後の夜はシングル2ツ、ダブル1ツで4人で寝る羽目に、ただ、大きな部屋でしたので、狭くはなく、主催者が交渉して呉れましたが、満室だったみたいで、とんだ事でした。

長ーい付き合いで歳を重ね、大分頑固さが増して、トウが立って来ている我ら4人、ジックリ膝を突き合わせて話するのもいいかもと思いきや、私を始めアッと言う間に寝付いてしまいましたとさ。

10日夕方ヒースローを発ち、11日午後3:00帰国しました。お疲れ様・・・

そして、日本橋三越展に繋がります。

イギリス紀行から早くも1カ月経過します。来年は9月7~9日、ノルウェーの「StavangerのClarion Hotel」ですって、今年で最後にするつもりだったけど、ノルウェーは行った事ないし、案内のコピーには明るい港がちょっと楽しそうに見えます。でもStavangerって何処にある町なのでしょう?直行便は無さそうだし、果たして・・・




別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
カンタベリーを行けば
2017-10-07 Sat 09:04
カンタベリー
カンタベリー (2)
カンタベリー (3)
カンタベリー (4)
カンタベリー (5)
カンタベリー (6)
カンタベリー (7)
カンタベリー (8)
カンタベリー9
カンタベリ10
昨日に続いてカンタベリーです。この由緒ある世界遺産の街を散策します。1枚目清流です。観光ボートが滑る様に行き交い、澄んだ水中には藻が揺らぎ、左端の大きな顔は何かしら??
写真をアップして始めて気が付きました。手前の人物と比べると随分大きい、何気なく写したもので、現代アートなのかしら・・・

記憶違いかと思いながら川沿いのレストラン「Old Weavers House」を探しました。以前シェークスピアの時代からの建物と教わり、是非お食事をと皆様をお誘いしたものです。道を1本間違えていて、ようやく1Fの窓辺の席に着いて、ホッとしました。

カレー味のチキンとグリルサーモンマッシュポテト添えを注文し、ふと隣の席を見れば、ムール貝が盛られた大皿を召し上がっています。勿論追加しました。一皿を皆でシェアして頂き、満足満足。
2枚目は古い梁が黒々と伸びる店内、3枚目は奥のぶどう棚のあるテラス席、テーブル越しに川面を見降ろせます。

4枚目はレストランの前で、食い意地メンバーズ。すぐ近くで買い求めたキャスキッドソンの袋が目立ちます。次は川沿いの少々傾き、AD1500年と表示のある建物をパチリ。500年以上も経過しているなんて!

アンティークのお店を探したりもしたかったのですが、ヴィクトリア駅まで1時間半、ブラックヒースまで更に30分、列車の時間を逆算すれば、そんなに猶予はありません。

ぶらぶらとイースト駅に戻ります。土曜日の晴れ渡った午後、街の至る処に人の輪が出来、賑わっています。
広場でバンド演奏していたり、大勢のグループが衣装を着けて踊り?の様な戦い?の様な。
朧げな英会話で、どうもホップの収穫祭らしいと解り、写ってと頼んだら、花一杯羽根一杯の麦わら帽を被せて呉れました。ホップってビール、何処までもご縁の有る事で。

駅の近くにクライストチャーチ大学が在り、校内を横切り、芝生でのんびり寛ぐ学生達、傍の宅地では庭の手入れに余念のないおじいさん、「素敵なガーデン」と声を掛ければ、「何処から?」と聞き返され「ジャパンよッ、写してもイイ」とパチリ。
カンタベリーにサヨナラです。将来また訪れる事があるかしら?

10月6日昨日はアンティークフェア新宿に行って来ました。もう沢山あるから要らないわーーーと言いつつ、行けばあれこれ物色して、生地やレースをチョッとだけよーーーと思いつつ、あればあったで使えるかもと大分買い込んで来ました。いつまでドール創り続けられるのかな??明日の8日まで。

生徒さんとハイアット・リージェンシー・東京の1Fのカフェで、ローストビーフランチを頂きました。厚めのビーフが舌に柔らかく、美味しさ格別でした。ショッピングと美味しい料理、二重に満腹で、ところで毎週こんな事していますねッ。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| La Vert Poupee | NEXT