ビスクドールの世界
雨の京都
2013-07-31 Wed 21:45
京都1
京都2
京都3
2日目は昨夜から降り始めた雨の雨脚が強くなっていました。
遅めの朝食後まずは郵便局に寄りイギリスへの書類を発送しました。

それから娘に付き合って貰って、下京区四条通の古布・きもの「大安だいやす」に歩いて向いました。
かなりのジャンジャン降りでサンダルの足元はぐっしょり濡れましたが、京都の極暑を懸念していた暑がりの私としては丁度良い涼しさで、助かりました。

上の写真が店内2階の子供着物の棚でここで1点、隣の着用可能の小花柄の小紋を1点、これは市松風ビスクドールの着物にする前に2~3度娘に着てみても面白いと勧めました。1階でも4点端切れを求め、本場で種類も豊富だしお値段もリーズナブルとすっかり満悦致しました。
ここは京都出身の生徒さんに教わった所で、足を運んだ甲斐があったと言うものです。

ホテルで待機のお婿さんを拾ってタクシーで披露宴会場となる東山の「SOUDOH]へ。ウエディングの担当者にお部屋とお庭を案内して頂く約束が12時です。
八坂近くのここは日本画家の竹内栖鳳の邸宅・アトリエ跡でチャペルもありアンティークなセレモニー場の設えです。普段はイタリアンレストランでダイニングキッチンは当時応接間で式当日は待合室になるそうです。

打ち合わせの時間を1時間半ずらしてランチを頂きました。落ち着いて明治の香りに包まれた素晴らしい佇まいで娘達が気に入ったのも良く解りました。2番目の写真がガラス張りのバンケット「テラス」です。人数80名前後の都合でこちらになりました。お庭も見学の予定でしたが、一層強く降り続く雨にお楽しみに摂って置く事にしました。
挙式は上賀茂神社で少々離れているので、移動がかなりあります。

午後の4時間位掛けて話を詰める二人とは別れて世界遺産の上賀茂神社方面にタクシーで向かいました。
同じ北区にもう1箇所訪ねたい所があり、車に乗り込んでから携帯で連絡して運転手さんに道順を確かめて貰いました。
観光地京都のドライバーは皆さん地理に詳しい。細い路地もなんの其の的確に連れて行って呉れます。その際SODOHから神社まで遠いと伺いました。

3枚目が目的の「昔人形青山 K1ドヲル」です。市松様を見せて頂きました。丁度創作ドール展も奥の座敷で催されていて、色々作者や年代などお聞きして来ました。
生徒さんのお一人が興味を持っておられて、機会があれば京都で昔の市松様に出逢いたいと仰っていたのを思い出したのです。
お顔立ちが良く状態の芳しい子が揃って居た様に思います。東京の骨董市などで探すよりはゆっくり向き合えるのがいい感じでした。
ただ、この地は店主がなかなか胸襟を開かないと口コミで聞きます?「ベストプライス」などと値切ったりするのはどうなのかしら・・・

その後は大通りでまたまたタクシーを拾いアンティークショップにももう1軒立ち寄ろうかと触手は動いたのですが時間的に強行軍過ぎるので、大人しく駅に向かい、昨夜の食前酒の伏見の酒「松の翠」と「もり」のお漬物と好きなちりめん山椒とを買い、新幹線で帰りました。
思った以上に疲れていたみたいで、名古屋から小田原辺りまでほとんど寝てました。お疲れ!

さて帰る早々の昨日生徒さんが午後みえました。エントリードールのペイントを進めてもらい、今日はお昼前から焼成しました。ヘッドがどうにか1つ完成です。私のブリュ・サークルドットのシュブロボディー用のアーム・レッグも仕上がります。これでやっと第1ハードルを無事に乗り越えた所でしょうか?

早くも明日から8月、頑張ろう
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| La Vert Poupee | NEXT