ビスクドールの世界
芸術の春
2015-03-30 Mon 20:02
夜景
ワイングラス
昨日の午後「春想春奏」と銘打って十字屋ホールの140周年最後の記念コンサートがありました。
先週のビスクドール展の一環で、やはり「ファム」の企画でした。
プログラムはオペラ歌手の方々にピアノとヴァイオリン、更に日本舞踊と邦楽囃子方と面白い組み合わせでした。
19世紀後半の設定で、童謡、「蝶々夫人」など17曲、時代はアンティークの頃、人形を彷彿とさせる楽曲もありました。

お花見日和の銀座の暮れなずむ夕べ、アンコールには「花」が朗朗と響き、心地よいひと時となりました。

お茶でもしましょうとなり、ブルガリタワーでアールグレーを頂き、ロケーションを楽しんだものです。
上は残照に灯りのともり始めた銀座界隈と遠景にライトアップされた東京タワーです。

先週24日には、美大受験で通った研究所の先輩の初めての個展があり、飯田橋のギャラリーに伺いました。桜の古木の絵などに癒され、旧交を温めてまいりました。

今週の2日木曜日から「山口 和男 パステル画展」が吉祥寺の「リベストギャラリー 創」であります。丁度初日がレッスン日ですので、午後早目に切り上げて生徒さん達と訪ねる予定にしています。
山口氏には以前我がドールをパステルで描いて頂き、広島三越の美術画廊の壁面を飾りました。
下の画像、瑞々しい桃が食べ頃でしょう?
先輩も、山口氏も同世代の男子の描かれる絵は優しいとつくづく思います。

翌週も銀座松屋7階での「森 小夜子人形展」のご案内を頂いていますので、親友を誘っています。ここの所銀座づいて、しかも芸術の春です。

展示会が気掛かりですが、皆様の素敵な作品に触れるのも喜びですので、いそいそ出掛ける事になりそうです。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| La Vert Poupee | NEXT