ビスクドールの世界
瀬戸際?
2014-05-13 Tue 00:58
やっとこさ、オリエンタル・ジュモーが形になりました。

デザインがそんなに凝ってる訳でもないので、仕立ての手順で頭を悩ます事もなく、もう少し簡単に進む予定でした。

上着や袖や後ろ見頃の大きな垂れ風の飾り物などに、古着屋で入手した、帯を使ったものですので、固くゴワゴワしていて扱い難く、それで少々手こずりました。

寒い時期の終了とともに、大分状態の良くなっていた、手先がみるみる荒れてささくれ立ってしまいました。

ドール仲間さんに注文したソックスが届けば完成です。

私がほとんど手掛けたドイツ旅行の段取りに不手際があり、先週来ドイツ人との間ですったもんだしていて、こちらのメンバーに無理を聞いて貰い、どうにか一段落です。

苦手意識満載の英語のメールが歳々届き、そこには多くの添付があり、開く度に拒絶反応を起こす寸前の働かない頭、今更どうしようもないけど、英語力の無さに加えて事務処理能力の欠如、悔んでも悔みきれない。

ドール創りの時間まで削る始末、とは言っても所詮は手にあまり、娘に転送し英訳して貰い、何とかなった一安心と思っていたら、ドイツ人との意思の疎通はかなりズレていました。
お互いに思い込みや勘違いが大いにあり、日本からドイツは果てしなく遠い地で一筋縄では行かないと思い知り、当然向こうの彼女も、日本人(私)は訳のわからない人と思っている事でしょう。

やっぱり例年の如く、出たとこ勝負となりそうな塩梅で、多分いつもの様に瀬戸際で踏み止まれるでしょう。

そうそうプロに頼んだ人毛の黒髪は見事に結い上がり、流石に上出来、お披露目が楽しみです。



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ポール・マッカートニー | La Vert Poupee | ゴールデンウイーク>>
この記事のコメント
お疲れ様 オリエンタルジュモーにお目にかかるのが楽しみです  さてどんな出来かしら。
2014-05-14 Wed 21:31 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
こんな物
初めて色黒のドールを見たとき、ちょっと悪趣味と思いました。色白の彼らにとって、アジアやアフリカはエキゾチックそのものなのでしょうが、当事者としては、マイナス面を強調されているように感じたからです。

リプロダクションの8部門に7年間で5回、のべ13体のドール達でエントリーし、5部門で金賞をゲットし、残すは3部門。その内の2部門に今年はチャレンジです。
これは一昨年追加された部門ですので、初めての挑戦となります。
唯一残るベビー部門には1度エントリーしたのですが、モールドが間違っていたのか?落選して、トロフィーを頂けませんでした。
来年、もし生徒さんがどなたかエントリーする事にでもなれば、再度創ってもいいのですが、型をあまり持っていなくて、強いて創りたい訳ではありません。

まーオリエンタルも描き目もこんな物・・・何処が良いんだか?といった具合で気が進んではいなかったのですが、それなりに創ってみれば、面白かったものです。
2014-05-15 Thu 00:19 | URL | 広島猫様へ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |