ビスクドールの世界
イギリス紀行
2015-09-13 Sun 22:08
i1.jpg
i2.jpg
i3.jpg
i4.jpg
大層なご無沙汰致しました。
2週間前、羽田に朝8時に集合、11:20発JAL043で一路イギリスへ。
同日15:50、ヒースロー着、セントラル・バスステーションにそれぞれスーツケース大小2個の大荷物で移動して、コーチ(高速バス)で南部の都市ブライトンに向かいました。

予定では23:00着でしたが、早いバスに変更を交渉して、1時間超短縮出来ました。
此度はかなりの移動を伴いますし、1名のアダルトと60歳以上の6名のシニア、飛行機・バスなどの遅延を考え、たっぷり余裕を持たせていました。たまたまスムーズに事が運びますと、思いっきり長く待つことになってしまいます。
コーチステーションで折角早い時間にしたのに、肝心のバスの到着が遅れて、ほぼ1時間薄手のコートを着込んで震えながら待ち続けたものです。

翌朝、支度もいそいそとブライトン駅から汽車でHaywards Heathに向かいました。1枚目ブライトン駅、パチリと1枚撮ったら警備にダメ出しされました。駅などの施設は撮影不可??
降りたらシャトルバスがいるかもと聞いていたのですが、宣伝のポスターとかも無いし、たまたま大型タクシーを見付け、Ardingryの会場まで連れて行って貰い、帰りが心配ですので、16:00頃の約束をしてタクシーカードを受け取りました。

今回一番楽しみにしていた、インターナショナル・アンティークス&コレクターズ・フェアです。
去る事、3~4カ月前、メンバーのお一人がたまたま情報を得て、9月1・2日、牧場で1700出店の一大イベントとの事、皆で大乗り気で乗り込んだと言う訳です。
下は牧草か土、雨が降ればドロドロと聞き及び、濡れても良い用意をしました。晴れたり、曇ったり、突然雨が降ったりの気まぐれな天候でしたが、予想以上のアンティーク三昧で、満喫致しました。
この段階で用意のポンドを殆ど使い切った方もおられたほどです。出だし好調でした。

我らがKings Hotelは海岸に面した絶好のロケーションで、行った事はないけどリビエラやマルセイユ?みたいなリゾートでヒルトンなどの高級ホテルの並びに位置します。
夕食はすぐ近くの「Regency レストラン」で魚介中心でシェアして頂きました。
缶詰の上に乗っかているのは焼いた帆立、手前はサラダ、横はピザ、下はステーキ、ほかにもあれこれと白ワイン我らシニアの飽くなき食欲でした。

また明日・・・
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<ブライトン | La Vert Poupee | イギリスへ>>
この記事のコメント
おかえりなさいませ
先生、お疲れ様でした。
随時ご報告をお待ちします!
2015-09-14 Mon 12:46 | URL | Mother of triplets #-[ 内容変更] | top↑
20日お待ちしています
昨夜、ブログが頓挫してしまい、ご報告が遅れてます。
今夜からまた続きをお話ししますねッ

2015-09-16 Wed 19:19 | URL | Mother of triplets様へ #-[ 内容変更] | top↑
ボリュームのあるお食事ですこと。もちろんアルコール付ですよね? 太りそう・・・
2015-09-16 Wed 20:46 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |