ビスクドールの世界
尚ブライトンしかも事件です
2015-09-17 Thu 22:34
c100.jpg
c200.jpg
c300.jpg
c400.jpg
c500.jpg
c600.jpg
c700.jpg
c800.jpg
c900.jpg
上の写真3枚は間違った2日目のディナーです。とても美味しかったムール貝・ホタテ貝・ロブスターです。
その下は夕闇迫るブライトンの海、遠浅の砂浜に見えますが、波打ち際まで玉砂利なのです。私共にはかなりの寒さですが、泳いでる人もちらほら、海から上がった時、足裏が痛くないのかしら?

レールの写真はブライトン駅近くの玩具博物館の機関車の展示です。ドールなどはあまりなく、観光バスでお勧めしてましたので、訪ねたものです。先に進みますとアンティーク通りと聞いていたのですが、まがい物ぽくて、ザーっと見過ごしました。
ケンジントン通りの子供服の「JoJo Maman Bebe」に嵌ってしまい、孫にと私を含め4名で物色する事暫し、他3名はお隣の紅茶を品定めして時間を潰しておられました。これで肝心のお土産ゲットです。

2枚続けて高級リゾートホテルです。グランドホテルとヒルトン、その下が同じ通り沿いに建つ我らがキングスホテルと朝食風景です。

そのホテルでの最終日とんでもない事が・・・疲れて早めの寝入りばな、ジリジリと不快で大きな音に飛び起き、目覚ましかな?とoffにしても鳴り止まず、同室の生徒さんに「携帯じゃない?」と指摘して操作して貰っても、甲高く響き渡り、どうやら火災警報と気付き、廊下を覗くと、隣室の生徒さんも出て来て、逃げなきゃ!となりました。

外は冷え込んでいます。パジャマにコートを羽織り、スリッパを靴に履き替え、パスポート・お財布の入ったショルダーバッグを斜め掛けにして、部屋のキーを持って、廊下に出た人々とゾロゾロ階段を4階分降りました。3階の年配のメンバーの部屋をノックする事も忘れません。でも反応は無く、心配しながら、エントランスへ。この間ほんの数分の出来事、裸足のままの男性やらもいて、大勢が緊迫のひと時、誤作動と判明し、またゾロゾロと部屋に引き返しました。

3階の方は真っ先に降りておられましたが、パジャマのままでキーも持っておられず、再発行して貰って戻られました。初めての経験でしかも遠い海外での事、何も無くて本当に良かった。その後、館内放送でもあるかしら?と期待しましたが、何の音沙汰もなくただ、夜が更けて行きました。

明日からコンペティション会場のブリストルにやっと移ります。乞うご期待・・・


スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ブリストル | La Vert Poupee | ブライトン再び>>
この記事のコメント
非常ベルとは 海外ですからそれは驚かれたことでしょう。誤作動で良かったですね。
ディナーは海産物でしたか?イギリスも海に囲まれていますもの。ホタテがおいしそう。
2015-09-18 Fri 17:44 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
scallop
帆立の事です。今まで知らなかった単語で、此度2度注文しましたので、すっかりお馴染みとなりました。
魚系の食事が多かった旅でしたが、どこも魚臭くありませんでした。新鮮なのでしょうが、やはり気を付けているのだと思われます。
海と言えば、干物や焼き魚の匂に包まれてそれが当たり前との認識でしたが、彼の地では、海もお店も潮のかおりに包まれてはいませんでした。不思議でしょう・・・
2015-09-18 Fri 18:33 | URL | 広島猫様へ #-[ 内容変更] | top↑
何だか潮の香りがしそうですが、日本とは違う調理法があるのでしょうね。
2015-09-20 Sun 06:40 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
オイスターバー
最近パリのオイスター屋台の様にオイスターバーが新宿や品川にあります。ただ、市場や屋台ではなくビル内の小洒落た感じですが。
ブリストルのレストランもお寿司屋さんみたく入ってすぐのガラスケースに生魚が並んでいますが、潮の香りの全くしません。
あくまでクリーンです。
2015-09-20 Sun 07:51 | URL | 広島猫様へ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |