ビスクドールの世界
絵画鑑賞
2015-09-30 Wed 20:58
m100.jpg
m200.jpg
m300.jpg
m400.jpg
m500.jpg
m600.jpg
m700.jpg
m800.jpg
m900.jpg
m1000.jpg
昨日の続きで、至近距離での絵画の醍醐味です。

1枚目エルグレコ、2枚目は作家名を確認していませんが、面白いと思った作品。
3~5枚目はラファエロ、それからダヴィンチで来年1月日本にやって来ると聞いています。
昨日も書きましたが、とてもこの小品を展覧会場で観るのは至難の業とメンバーのお一人からのアドバイスがありまして、押している時間ギリギリまで絵画鑑賞をしたものです。
私共の顔と比べて下されば、小さな絵で触る事は勿論ダメですが、ガラスに遮られる事もなくこんな間近でダヴィンチですよ。それにしても、最終日、私を筆頭に大分草臥れた顔になっていますね。

8枚目は博物館前でバグパイプの演奏と共に、さーそろそろエジンバラとお別れです。

ブリティッシュエアウエーの旅客機にはタラップで乗り込みました。昔々スカイメイトというJALの学生割引で国内線に乗った時以来ではないかしら?しかも当時プロペラ機だったと思います。何時頃の話・・・45年位前のハイジャックの頃の事。

機内でイタリアからの小学高学年の子供達の修学旅行?と一緒でした。ニーハオと声を掛けられて、こんにちわと答えジャパンと教えたら、ジャポネーゼと後ろのシートまで伝えて、先生も聞いておられました。とても賑やかでした。

イギリス旅行の最後はヒースロー空港内のレストランパブです。前回もここでフィッシュ&チップスを食べ、大好きなギネスを飲んだものです。此度はサンドイッチとやはりギネスで閉めました。

さて来年のコンペティションはハンガリーのブタペストでGDSだけで開催されます。翌2017年はイギリスでDAGも一緒のつもりとか。
ハンガリーも古い街でアンティークに出会えそうだし行ってみたいものですが、今現在のニュースなど見ますと、ちょっと不安が付き纏います。まあー来年にでもなったら考えてみましょう。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<秋のはじめ 色々 | La Vert Poupee | Scottish National Gallery>>
この記事のコメント
一枚目はエルグレコですか?色合いがエルグレコにしては明るめ 薄めと感じました。実物は違うのでしょう。
身近にラファエロの作品が観れて良かったですね。
壁紙も面白いです。
2015-10-02 Fri 21:05 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
明るく開放的
毎度言い続けている事ですが、日本の美術展示は天井の低い暗い会場が多く人出も凄く、見辛い事この上ないのです。
貸し出された作品の劣化が気掛かりなのでしょうが・・・

展示作のクオリティーの高さの割に、ヨーロッパのどちらの美術館でも天井は高く明るく人は少なくゆったり観る事が出来ます。
エルグレコがたまたま明るい色使いなのか?それとも明るく観えるのか?壁紙も赤や緑で華やかです。

出会う作品の素晴らしさと居心地の良い会場にとっても得した気分です。
2015-10-06 Tue 23:58 | URL | 広島猫様へ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |