ビスクドールの世界
船橋市民ギャラリー
2015-11-25 Wed 20:25
個展
個展1
個展2
個展3
個展4
昨日、千葉県船橋市の松倉 弘子さんの個展を訪ねました。三鷹からですと総武線1本で、ただ1時間半程掛かります。電車が病人への対応で遅れてましたので、中央線で御茶ノ水乗り換えで向かいました。

JR船橋駅には数年ぶりに降り立ったものです。ドール作家のTさんの個展を東武で拝見して以来ではないかしら?その際、浦安在住のお仲間さんに付き合って貰いましたが、此度もランチタイムをご一緒にと誘いました。

松倉様は昨年9月日本橋三越の展示会で「ベベフランセ」を絵のモデルにと求めて下さり、その後、手紙・案内状の遣り取りのお付き合いが始まりました。先には所属されている太平洋美術展のお知らせを頂き、国立新美術館で拝見させて頂きました。
その時の受賞作をはじめ、新旧70点の作品が会場一杯に並んでいました。

常には日本橋のギャラリーで個展をなさっているそうですが、集大成で100号を中心に展示なさったそうです。病院や介護施設への寄贈を考えておられ、一堂に会して観て貰うと仰っておいででした。
年齢は少々先輩とお見受けしましたが、前向きな姿勢や心の籠った作品群に感心したものです。

ここの所すっかりサボり癖の付いてる我が身を振り返り、相当反省しなくては・・・

上の会場写真、真ん中に松倉様とお客様ご夫妻。2枚目は迎えて下さった「ベベフランセ」F15号でドレスのシルクタフタの光沢やアンティークジャケットの柄やスカートにかかるレースなど見事に表現されています。
静物・人物・風景・水彩などもありましたが、ほとんどがドールやぬいぐるみや玩具をモティーフにしておられます。
下3枚がドール達とその佇まいです。一番下は100号で後ろ姿に趣きがありますでしょう・・・

丁度お昼になり、お仲間さんと東武7Fレストラン街の中華「南翔饅頭店」で蟹黄湯麵と言う上海蟹とお豆腐の乗った物を頂き、あんまり上海蟹らしくはなかったですけど、残りの烏龍茶を飲みつつ、かなりゆっくりお喋りをして、2:30過ぎに総武線に乗り、終点まで遥々帰りました。途中、ガタガタ揺られて気持ちよく半分は居眠りしていました。

個展は29日(日)まで、船橋スクエア21ビル3F・船橋市民ギャラリーで、JR・京成船橋駅から徒歩5分です。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<池袋 東武にて | La Vert Poupee | 人形町今半と水天宮>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |