ビスクドールの世界
アンティークフェア㏌新宿とKuppi(クッピ)の会
2016-05-27 Fri 20:24
ペッパー
フォワグラ
スズキ
ドルチェ
市松
日本刺繍
日本刺繍1
日本刺繍2
年に2回新宿第一生命ビルでアンティークフェアが開催されます。時間が許す限り生徒さんを誘って出掛けてます。
今日も親友とドール仲間さんと生徒さんとでいざ向かわんです。小田急ハルク前からハイアット行きのシャトルバスが便利です。バスストップでシャンタール細川さんにばったり、先月吉祥寺東急でレース他を買い求めたばかりで、今度は7月にお逢いしましょうと約束しました。

入場するとすぐDAGの知人のブースに寄り、生地やピアスなどを選び、「スプートニク・プラス」で変わった色合いのシルクエプロン?を買いました。
「アンティーク・ポー」に向かう途中、声が掛かり久し振りの「MOTOKO」さんでした。紺色のスカートが気に入り、値が張りますので全部は買い切れませんので、四分の一位を購入しました。
「アンティーク・ポー」でもデッドストックの生地見本と小物2点を決めました。皆様そこそこ満足の行くお買い物を終え、ハイアット1Fの「カフェ」でレディースランチです。
ただ、満席でロビーで30分程待ってまして、その間「ペッパー」君を見付けて、彼となかなか噛み合わない会話をしてみました。

ランチは上からフォアグラ苺ソース、千葉県産スズキのアンチョビ風味、ドルチェ3種です。実はフォアグラの前にサラダや前菜やスープも頂いてまして、大層満腹でした。フェアは29日まで。

その後、親友にお付き合い願って、京橋の「ギャラリーくぼた」で開催の「クッピの会」展を訪ねました。
日本刺繍と磁器絵付の教室展で主宰の加々美さんとは、先日のヴォーグ内サンアートの磁器制作でお知り合いになったものです。43年続けておられるそうで、頂いたDMを拝見して、かなり興味津々でした。
将来オリエンタルを手がける際に、着物風の生地の刺繍にアドバイスをお願いしたいとの希望も持っています。

想像以上に素敵な作品群で、まずは市松さんの着物の裾模様が見事で可愛らしい。
器の刺繍が加々美さん作、一番下は絵の様ですが、刺繍です。磁器と刺繍のコラボもあり、少々お喋りも、楽しい時間でした。こちらも29日まで。

今月の鑑賞は以上でお仕舞です。良い季節に目の保養を充分にしまして、随分為になった事でしょう。

一昨日、9月の日本橋三越でのイギリスフェア用小冊子に載せるとかで、早くもドール3体の写真を所望されまして、プチとミレットと50cmのブリュを慌ててスマホで撮影してプロフィールと共に添付して送りました。用意した新作中、大きさやお値段でピッタリなのがたまたまブリュになってしまいました。ブリュの制作が多目なのもありますが、今月末から来月初旬はジュモーを準備する予定です。
じっくり落ち着いて励みましょツ!
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<残り3カ月~5カ月 | La Vert Poupee | 国立新美術館ルノワールと太平洋展>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |