ビスクドールの世界
パリからの便り
2016-08-03 Wed 20:37
パリ1
パリ2
7月初旬、パリから極々重たい宅急便が来ました。
クロネコの配送の人が思わず重たい!!どれどれ?動かすのも半端無く、玄関で開けて1冊づつ奥の和室に運んだものです。

シャンタール細川さんからの荷物でした。以前、後藤敬一郎氏の本を贈呈しますと仰っていたのですが、まさか9冊もとは思っていませんでした。
手紙類は無く、どうするのかしら?と連絡を待つこと暫し、遅ればせにカードが届き、1989年発行の「フランス人形の世界」はプレゼントして下さるとか、残り8冊の1982年発行の「パリの人形たち」は希望者に譲ってとの事でした。

先日、吉祥寺東急でお目に掛かった折、来年5月の新宿アンティークフェアまで日本に来られないので、それまでにと・・・
早速生徒さん達に声掛けした所、数名が手を挙げ、幾冊かは日本橋三越や広島三越に持って行くつもりです。

「パリの人形たち」の6冊は未使用の上、包装のダンボール箱入りです。

シャンタールさんが後藤氏の撮影をお手伝いなさり、それでパリのお宅に長年保存されていたそうです。

前々から入手したい本でしたので、とても嬉しく、ただ、厚み4cm強のハードカバー本で手に余るほど重く重厚です。

パリからの宅急便をモールドの棚の前で写してみました。凱旋門が描かれてますでしょう、裏にはエッフェル塔、テープもエッフェル塔です。東京からの海外仕様は浅草寺とスカイツリーもしくは東京タワーだったりして??

「フランス人形の世界」の開いたページは見覚えのあるブリュ・ジュンです。

さて我が展示会の方はDMの校正をメールの遣り取りで済ませ、明日あたりオフセット印刷に廻る事でしょう。着々と進んでいます。

ドール達は今月の4ヘッド(ブリュ8、ブリュ11、トリステ、ステイネル)が今朝からペイント焼成しましたので仕上がります。窯が冷めれば今夜遅くには取り出せそうです。
来月以降の5ヘッド(ベベフランセ、サークルドット、アーティ、ステイネル、マルク)は同時進行で磁器焼成しています。始めたのは同時刻でも、切れるのはもう少し後かな?
ヨドコウ物置に設置された庭の窯ですが、近寄り難いほど猛烈な熱気で、扉に触れるのもタオルごしです。

ブリュ8と11とステイネルの下着は縫い終え、8のドレスを仕立てています。

仕上がりに備えて昨日は「みくに」にお仲間さんを誘って出向き、グラスアイとウイッグを購入して来ました。

ランチはビックボックス内の「串揚げビュッフェ楽善」で60分食べ放題を頂きました。
色んな食材が一口大で串に刺してあり、テーブルの真ん中の揚げ油で勝手に揚げながら食するという趣向で、お座敷天婦羅みたいでちょっと面白かったです。サラダもご飯も御素麺までありデザートも充実してました。
ソフトクリームをこの歳になって初めて自分でコーンにクルリンチョとのせてみました。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小田急線鶴川~栃木那須烏山 | La Vert Poupee | 浜松&新橋>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |