ビスクドールの世界
グラハム・クラーク作「イチイのトピアリー」
2016-10-03 Mon 20:54
イチイのトピアリー
理央君と
スターウォーズ
お豆腐
先日の日本橋三越の英国展の時、私のブースの後ろ側で展示されていた彩色銅版画の1点です。
娘が気に入って購入したものです。
イギリス南部、ケント州在住の作家グラハム・クラーク氏の作品で、如何にも田舎町風の建物、グラハム夫妻とご近所さん、数匹の小動物やらが細かく楽し気に描かれています。

昨年のブライトンも最南端の海岸沿いの町でしたが、以前にもケント州で2度コンペティションが開催され、ドーバー海峡とかライとかカンタベリーに日帰り観光に行った事があります。勿論会場ホテル近くのリーズ城も。
カンタベリーの一番古い住宅がシェイクスピア時代の建物で、絵に描かれたチューダー様式風にとても似ていました。
町にはイチイの木が多く、赤い実が生っていましたっけ・・・懐かしい・・・

昨日の日曜日、浜松から婿殿が車で迎えに来て、お昼前に娘と孫が帰って行きました。とは言っても横浜に寄るとかで、ランドマークタワーから写メールして来ましたが。

その前日の土曜日、買い物がてら吉祥寺東急に出向き、「點心茶室」でランチして、外に出ますと、玩具の屋台が並んでいました。
スターウォーズの三方との撮影の列があんまり短いので並び、テント張りの古物商に目がないもので、バギーを押しながらあちこち物色して、ヴィンテージ・シュタイフのウサギを私に、18年前のマクドナルドのセット物のトイストーリーを孫に買い求めました。

下の写真はモツアレラ風のお豆腐で顔を撫でた所です。
帰ったばかりですが、娘と孫が2週間後にまたまたお出でとか、いない間に急いでドール、ドールです。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第11回人形(ヒトガタ)展 | La Vert Poupee | アクアパーク品川>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |