ビスクドールの世界
国立新美術館・・・太平洋展
2017-05-22 Mon 19:16
はな子1
はな子2
はな子3
はな子4
はな子5
はな子6
ご無沙汰していました。
今月はドール創りに追われてまして、お出掛けを封印気味にして、レッスンと我がドール(オリエンタル・ドイツペインティングアイ・ベビーの3部門)であっという間に今に至ってます。生徒さんのも私のもどうにか目途がついて来ました。

8日に「みくに」に出向きフレンチウイッグやグラスアイや本4冊などを購入して来ました。9月のイギリスのコンペティションのドール達はモデルがあってそれに準じて創りますので、なるべく似た素材が必要です。
早目に用意して、心置きなく創作活動と思っての事ですが、皆3体ずつのエントリーですので、あれこれ揃わない物も出て来ます。

特徴的な生地やレース、100%のピュアシルクの小物(現代物にはあまりありません)、それで、今月末の新宿のアンティークフェアや、来月のドールワールド等、入手手段は限られます。
そうそう24日から日本橋三越本館7Fにアンティークショップが10店舗程出店との案内が来ましたので、そこにも足を運ぼうと思っています。と同時に再度「みくに」に寄り、追加の購入もするつもりです。

月2回のレッスン設定ですが、イギリス行のメンバーが毎週いらして、レッスン日がかなり増えています。私自身の用意も同時並行ですので、ほぼ毎日窯入れ状態、古い方のキルンがフル活動です。気の毒なほどの使用頻度、でも頑張って呉れています。

壊してしまった新窯の金具がやっとアメリカから届き、設置すれば良いのですが、元々の金具と微妙に異なるし、慣れてないので躊躇しています。旧窯にもうちょっと我慢してとお願いしています。

8月のお盆休みに娘家族が来るとかで、吉祥寺のJTBで1泊2日の那須のホテル・新幹線・レンタカーの予約をして来ました。孫が喜ぶかしら?多分、夫と娘夫婦は楽しみそうな予感。
吉祥寺駅ロータリーに象のはな子像がお目見えしていました。実物の半分位のスケールかな、右前脚を挙げる得意のポーズが決まってました。

今日は久し振りに遠出して来ました。朝一で予約して置いた美容室でカット・カラー・トリートメントをして貰い、お昼前には乃木坂の美術館へ。「草間彌生展」の最終日と重なり、凄い人出で50分待ちとか、もっともっと掛かりそうでした。
更に相変わらず「ミュシャ」も並んでいて、人混みを縫って「太平洋展」はゆったりとした空間が広がっていました。

2枚目の写真が「希望」と題された30号の作品で、以前日本橋三越で迎えて下さった「ベベフランセ」が細密に表現されていました。
アンティークシルクドレスの質感が見事でしょう。他の方の気になった作品も少し写させて頂きました。29日まで

国立新美術館の列なす人々と出口の水玉をパチリ。2~3年前、森アーツで小規模の草間作品展に接した事がありますし、とてつもなく時間が掛かりそうだし、此度はスルーしました。

午後2時過ぎに帰り着き、エントリーの描き目のドイツドールの続きを進めています。

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アンティークフェアin新宿 | La Vert Poupee | 創彩展とバベルの塔・・・東京都美術館>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |