ビスクドールの世界
チェスターから大英博物館へ
2017-09-24 Sun 09:36
ホテル
ホテル2
ホテル3
ホテル4
ホテル5
ホテル6
ホテル7
ホテル8
ホテル9
1枚目はホールマーク・イン・チェスター・ホテルの外観です。アメリカンブレックファースト・・・最近何処もこのスタイル・・・を済ますと、チェスター大聖堂へ向かいました。昨夕はすでに閉館していて、周りを見ただけ、思っていた以上に大きなカテドラルでした。2・3・4枚目。

丁度、パイプオルガンの調律をしていて、動画でも撮りました。ステンドグラスが美しく、床のモザイクも素晴らしく、確か世界遺産だったと思います。

競馬場が無しになったお蔭で、ドミノ倒しみたいに時間にゆとりが出来、早目にロンドンに戻って来ました。
時間を確認しますと、まだ大英博物館に間に合いそうです。5人のメンバーの内、3名が訪れた事が無く、閉館まで3時間弱ですが、エジプト館とギリシャ館ぐらいは、鑑賞出来そうです。
ユーストンからノーザン線でトッテナム・コート・ロードへ、徒歩5分で、大英博物館が見えて来ました。以前よりセキュリティーが厳しくなっていて、当然ですが、入館までに少々時間が掛かりました。他所も手荷物チェックで並ぶ事になりそうです。

さてお馴染みのエジプト、大英帝国の繁栄と国力を目の当たりにする海を渡って運び込まれた、巨大レリーフや彫像の数々、いつもいつも強烈に圧倒されます。
ギリシャも同じく、大理石像の数々は半端ではありません。
7枚目はロゼッタストーンの本物です。入口にあるのは大きくしたレプリカで、図書室にひっそりと本物があります。
モアイ像は初参加の若い生徒さんのご希望で、探して見付けて、見上げたものです。

一番下は、2013年にも寄った「ジジ」というイタリアンレストランです。同じ駅の反対側にあり、お薦めです。窯で焼いたピザが香ばしく、特にチキンとポルチーニ茸のリゾットが絶品で、程よい疲れも心地よく、美味しいディナーでした。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヘイワードヒースへ行く、帰路ロンドンブリッジ・タワーブリッジ | La Vert Poupee | チェスター>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |