ビスクドールの世界
ナショナル・ギャラリーからピカデリー・サーカス
2017-09-27 Wed 20:26
ナショナル
ナショナル (2)
ナショナル (3)
ナショナル (4)
ナショナル (5)
ナショナル (6)
ナショナル (7)
ナショナル (8)
ナショナル (9)
1・2枚目はレンブラントです。レンブラントは一体全体何点の自画像を残したのかしら?人物を描きたいけど、モデルが居なかったのかしら?注文の無い時は自身の顔で腕を磨いていたりして?どちらの美術館でも彼に逢えます。ここのは大分老けてます。

後は印象派の代表作です。モネの睡蓮、ゴッホのひまわり、スーラ、ルノワール、大作は少なくコレクションとしては、1300年~1700年が充実しています。

後ろ髪を引かれながら、閉館時間となり、ピカデリー・サーカスへ向かいました。歩く事10分足らず、シンボルの金色のエロスが見えます。階段状の噴水の周りには、多くの人が他群れていて、楽器をかき鳴らすバンド、かなり盛り上がっていました。

それを聞きながら、中華街が近いので、突然、今夜は中華にしましょうとなり、劇場や食堂やお土産屋等の並ぶ賑やかな通りを抜けて、中華街独特の門を横目に、ガイドブックを頼りに、探し探し、やっと「インペリアル・チャイナ」に行き当りました。
このガイドブックはとても重宝していたのですが、7年位前のなので、此度思い切って、ホテルに置いて来ました。スーツケースがMAX23㎏を完全にオーバーしそうでした。
それでレストランの名前を憶えてなく、またグーグルマップで場所から見付けたものです。

間口は狭く見過ごす程、でも奥は広く、小池や橋があったり、提灯がぶら下がっていて中国満載。
高級中華とありましたが、レートが1ポンド140円強ですので、リーズナブル感があり、結構食費とショッピングに使ってしまったかも。見た目はちょっとお洒落ではないけど、美味しい中華でした。
またまた満腹で外に出れば、暮れなずんでいて、雰囲気をパチリ。

歩き続けて重くなった足を運んで、近くの「レスター・スクエア」からノーザン線、ディスリクト線と乗り継いで、ホテルに帰りました。
やっぱり15000歩、ツワーの旅より自由だけど、移動が大変・・・
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<9月末の近況 | La Vert Poupee | トラファルガー広場とナショナル・ギャラリー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |