ビスクドールの世界
9月8日金曜日 前夜祭
2017-10-05 Thu 08:58
グレース
グレース (2)
グレース (3)
グレース (4)
グレース (5)
グレース (6)
グレース (8)
セントラル線でボンドストリートに、アンティークモール「grays」に寄ります。建物の後方の地下にドールを扱うショップがあります。ところが一番多くフレンチを置いていたお店が無くなっていました。他2店舗は営業していましたが、残念です。
ロンドンに来る度に、ガラスケースのドール達を眺め、2013年にはテート・ジュモーを連れて帰ったものです。芳しくないとは伝え聞き、心配していました。
古き良き物を大切にするイギリスでも、所々のアンティークショップが消えて行きます。オーナーが高齢の場合が多く、仕方ないのでしょうか?此度はアンティークのメッカとも言われるコベントガーデンやポートベローには時間が無く行けませんでしたので、すべては解りませんが・・・

ボンドストリートと言えば「H.R.ヒギンズ」は外せません。王室御用達の紅茶専門店でここにも必ず寄ります2枚目。「アレッ!コーヒー?」紅茶葉が並んでいたのは左半分、メインはコーヒー豆に変っています。コーヒー好きの私としては大歓迎で、たまたま購入しておられたロンドン在住という日本の女性に教えて頂き、量って貰いました。

ランチタイムになりましたので、Duke通り沿いはす向かい角の「スパゲッティー・ハウス」と言うイタリアンに入りました。名が何だかなーと軽く躊躇して悪い事をしました。アスパラガス入りパスタを注文し、なかなかの味で、ストップと言うまで、目の前でたっぷりチーズを削って呉れます。

午後5:00前にホテルに戻らなくてはなりません。「Tombola tickets」を購入し、お気に入りに票をいれます。これは、各自がドール関係のお土産を持ち寄り、5枚綴りで5ポンドのチケットを買い求め、投票します。
ガラパーティーで発表され、当たれば頂けます。表彰式と共にかなり盛り上がります。
集まったお金は子供病院に寄付され、先日届いた会計報告では、1477ポンドになり、2か所の病院に送り、良いチャリティーになりましたと。

4枚目からは前夜祭の様子です。今年のテーマはミュージカルで同席の黄色ドレスの彼女は「美女と野獣」、30cm足らずのぬいぐるみをお持ちで、大きな美女とちっちゃな野獣です。お隣の2人は「ウィキッド」で時間の経過と共にグリーンの顔が溶けてまだらになってました。

ディナーはビュッフェスタイルで朝食も翌日のお夕飯もです。これは何時もの事で、テーブルごとにウエイターに先導されて、各自が好きな物を注文し、野菜などをのせますが、往々にしてテンコ盛りになりがちです。

お食事がひと段落しますと「the Princes of Motown」という黒人カルテットが入り、我らの年齢に合わせて?オールウェイズをとても重く豊かな声量で唄います。「スタンド・バイ・ミー」なんて大受け、テーブルを廻り、誘われてあちこちで踊り出しましたよッ!もちろん私達も輪の中へ・・・

下は「天使にラブソング」のお2人と「キャッツ」の私と生徒さん、この猫耳カチューシャと肉球手袋とワンピースの後ろに着けた尻尾はアマゾンで1セット750円で取り寄せました。
GDSなのか、DAGなのか、彼女らは仮装がお好きで、毎回小物をあれこれ考え用意して行きます。メンバー4人共、パーティの間中着けてそのまま踊り、前夜祭は長ーく続きました。

昨日のケンジントン・パレスですが、アップにちょっと失敗、続きを読むをクリックして頂けると有難いです。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カンタベリー・カテドラル | La Vert Poupee | ケンジントン・パレスのダイアナとヴィクトリア>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |