ビスクドールの世界
表彰式とさらばイギリスまた何時の日か
2017-10-08 Sun 09:14
表彰
表彰 (2)
表彰 (3)
表彰 (4)
表彰 (5)
表彰 (6)
表彰 (7)
表彰 (8)
夕方ホテルに戻り、着替えてガラディナーに備えます。いよいよ表彰式です。皆3体ずつエントリーしています。
重なっている部門もあり、皆が皆トップを取れる訳ではありません。皆様の努力を見て来ていますので、叶う事なら全員ゴールドと行きたいものですが・・・

まずはお食事とワインを楽しみ、Tombolaの発表です。我々は会場を抜け出し毎日観光に出掛け、ギリギリ間に合う様に帰り着きますので、お土産やギフトをゆっくり見定め、多くのチケットを購入していません。最小の5ポンドを投じただけですので、期待はしていませんでしたが、生徒のNさんに1つ可愛い物が当たりました。

さー表彰式が始まりました。まずはDAGから、かなり時間が掛かります。待ってました!我らがGDSが続きます。

満面の笑みの赤いワンピースの私は、エスニック部門金、ベビー部門銀、ドイツ描き目部門銅でした。
お仲間の緊張気味のKさんは、ファッションドール部門金、プチドール部門銀、ブリュ部門銅でした。
生徒のNさんは、ミレット部門金、ファッションドール部門銀、ブリュ部門アチーブメントでした。
生徒のHさんはKさんとご一緒に写って、ブリュ部門銀、フレンチ部門銅、ファッションドール部門銅でした。
それぞれ表彰状とトロフィーを受け取り、ファッションドール部門は日本人独占で大きな拍手に包まれたものです。

採点表はドールのクオリティー、例えばカットやビスクの状態や描き方やボディーサイズなどの1枚と、コスチュームの素材・縫い方・靴・靴下などの2枚が添えられていまして、次のチャレンジの励みにしたり、自身の不備の反省にしたりします。

何と言っても、人前で表彰される事など無くなって数十年、ハレの場で、華々しく名を呼ばれ、ハグされ、単純な私などもう有頂天なのです。しかも、ご一緒の皆様も同様に晴れやかなお顔です。やれ嬉しや!遠くイギリスまでやって来た甲斐があった喜びと共に、頑張った結果が伴い、胸を撫でおろしたものです。

翌10日は最終日、毎日ほぼ同じメニューのビュッフェスタイルの朝食です。焼きトマトと巨大ブラウンマシュルームが目立ちますでしょう。6枚目はダイニングのドアを出た所のホテルの裏庭に立つ、「チーム マスブチ」の面々です。庭でお食事中の方々もおられます。

ハンギングバスケットが美しい窓の辺りが私達の部屋でした。その部屋に関して、トラブルがあったんですよッ!
9日の夕方、ホテルに帰り着きますと、何故かダブルブッキングされていて、4人で1部屋にされました。
今を去る事3月に予約を入れた時、参加人数が2人位増えそうだったので、トリプルを2部屋キープしました。結果的には4名だけになりましたが、差額がそれ程でもなくそのままにしていました。
2泊はとても広く快適に過ごしましたが、最後の夜はシングル2ツ、ダブル1ツで4人で寝る羽目に、ただ、大きな部屋でしたので、狭くはなく、主催者が交渉して呉れましたが、満室だったみたいで、とんだ事でした。

長ーい付き合いで歳を重ね、大分頑固さが増して、トウが立って来ている我ら4人、ジックリ膝を突き合わせて話するのもいいかもと思いきや、私を始めアッと言う間に寝付いてしまいましたとさ。

10日夕方ヒースローを発ち、11日午後3:00帰国しました。お疲れ様・・・

そして、日本橋三越展に繋がります。

イギリス紀行から早くも1カ月経過します。来年は9月7~9日、ノルウェーの「StavangerのClarion Hotel」ですって、今年で最後にするつもりだったけど、ノルウェーは行った事ないし、案内のコピーには明るい港がちょっと楽しそうに見えます。でもStavangerって何処にある町なのでしょう?直行便は無さそうだし、果たして・・・



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<秋本番 | La Vert Poupee | カンタベリーを行けば>>
この記事のコメント
増渕チーム、おめでとうございます。
皆様すごいです。指導者冥利につきますね。
あなたの嬉しそうなお顔。痩せてはなかったかも(笑)
2017-10-10 Tue 11:21 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
納得した?
ありがとうございます。
この赤いドレスはこの夏の新作で、しかもフリーサイズで、若い人用なんだけど、大きなおばあさんが着ると、ドラム缶にまとわりついてるみたいで、失敗かも。フフフ
2017-10-11 Wed 08:21 | URL | 広島猫様へ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |