ビスクドールの世界
伊豆大島
2009-11-10 Tue 21:11
DSC04363.jpg

DSC04371.jpg
DSC04381.jpg
日曜日はみくにビスクドールで「秋のアンティークドール展示会」がありました。
藤田 真理子さんの選りすぐりのコレクションで目の保養をさせて頂き、とても素晴らしい時間を過ごせました。
なかでも別冊「太陽」の表紙を飾ったアッシュはとても120歳以上?とは思えない程状態も良く、魅せられたものです。他のブリュ、ジュモーポートレート、アーティなども離れ難い思いでした。
やはりオリジナルは存在感が違います。
深く遠い眼差しは21世紀に何を見ているのかしら?

昨日は伊豆大島(生まれて初めて)の1日観光に行ってまいりました。10年来お付き合いの愛犬のお散歩仲間5名で(もちろん犬抜き)旅行けば~~となったしだいです。

早朝7時に三鷹に集合して浜松町へ、竹芝桟橋8時半発、東海汽船のジェット船に乗り込み一路大島を目指しました。遠足気分でワイワイと海上からの東京湾を満喫し、1時間半後には無事元町港に到着しました。

観光バスは噴火の断層面で撮影タイムを取り、波浮の港を見下ろし、外輪山を回りいよいよ三原山の登山口に着きました。
ここでランチタイム。明日葉の天麩羅などを頂き、下りは乗り合いバスで、椿ガーデンに向かいました。

早咲きの沢山の椿を巡り、リス園でしばしリス達と戯れ、残して来た愛犬に話題はおよび、分刻みのスケジュールに慌てて牛乳せんべいをお土産にして、大急ぎで次のバスに乗り込みました。

元町港の閑散としたお店で「くさや」を買い求める友に付き合い、臭いに辟易してやはり無難に岩のりと明日葉入りの焼酎だけにして、大型船かめりあ丸の乗客に。

復路は4時間半掛かって竹芝にやっとたどり着きました。

ただ、おしゃべりに花が咲き、船が三浦半島と房総半島の中間を進むあたりからすっかり日は落ち、遥かな夜景に歓声を上げ、特にお台場、東京タワー、レインボーブリッジは圧巻!!でした。

しかもレストランで隣り合わせた青年に東京湾上空を国際宇宙ステーションが17時24分頃横切りますと教わり、デッキでちょっと厳粛な気分で、瞬く星より明るく輝く光を探しました。

待つこと数分夜空にくっきりと飛行機と同じ位の速度で、白く点滅しながら飛んで、雲間に消えたのです。
凄ーく得した気分で、さらに大満足の1日となったものです。

面白い企画でした!!
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<多忙です | La Vert Poupee | 33cmのブリュ4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |