ビスクドールの世界
ドールが取り持つ縁
2010-11-08 Mon 17:12
昨日の浜松町の2階では沢山の再会がありました。

去年イギリスでご一緒だった名古屋のY先生とSさん、都内のT先生、栃木のO先生と生徒さん、朝日カルチャー時代の同期さんとお友達、広島からお出でのHさん、テディーベア作家のSさん、もちろん古関先生とインストラクターのお二人、見知ったお顔が一杯でご挨拶を繰り返したものです。

コンクールの作品を拝見する前に、思わず生徒さんと一緒に、いそいそと生地やレースのブースに向いましたら、K先生が「そちらが先ですか?」と仰っておられます。構わず素材選びを優先させて貰いました。
素敵なシルクのドレスやらレースやらかなりの散財ですが、良いお買い物が出来ました。

3階では生徒さんが、やはり去年のイギリス同行のMさんから着せ替えの小さなボックスドールを買われて、これも良いお買い物となりました。

二人で遅めのランチをゆっくり頂いて、とても楽しく充実した1日でした。

今日はレッスン日で3人みえました。新会員の方には早速カットをして貰いました。他の方々はペイントとウオッシュをそれぞれ進めて頂きました。

ドール好きが集まって、お喋りしつつ楽しい時間はアッと言う間です。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<メンテナンス | La Vert Poupee | 第10回東京ビスクドールフェスティバル2010>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |