ビスクドールの世界
骨董通り
2010-12-05 Sun 21:22
金曜日、冬の嵐の収まった頃、表参道に降り立ち骨董通りのお店を始めて訪れました。

12月には珍しく暖かい日で23度の気温とかで、長袖のシルクのワンピースでは汗ばむ程です。ちょっと生暖かな風は極々強くまるで「春一番」の如くで、その所為か空は何処までも青く晴れ渡り、ハラハラ散り行くいちょうの黄色に違和感を覚えたものです。冬は何処に行ったのかしら??

11時半近くに着きました所、シャッターが降りていて、「まさか・・・」となりましたが、ランチを先にとる事にしまして直ぐ近くのフレンチレストランの「レ・クリスタリーヌ」に落ち着きました。
2年か3年ぶりでしたが、リーズナブル尚美味しいランチは相変わらずで雰囲気も良く、久し振りに満足しごくです。ドライな白ワインに合うキッシュ以下数種のオードブル、メインは鰆のポテトソース仕立て、デザートもなかなかで、南青山にお出掛けの際はお勧めですよッ。

訪ねたアンティークショップのお話はまた今度にして、強風で何処もかしこも遅れっぱなしの電車に乗って帰りますと、大阪から注文した日本髪の人毛鬘が着払いで届いていました。
ドール達に早く年内に創ってねッとお願いされているような気がします。

それに昨日、グローバル・ドール・ソサエティー(GDS)のスリースター☆☆☆ティーチャーの11月1日付けの認定証を受け取りました。
昨今、認定基準が極めて厳しく、リプロダクションの7カテゴリーの内から3部門で金か銀を取らなくてはなりません。1年に金・銀とも一人しか頂けませんので、3年架かりでチャレンジしたものです。

今年は得意のフレンチやミレットとかではなく、ドイツやファッションドールでのエントリーでしたので、実際はヒヤヒヤものでした。
しかもイギリスは西の果てに位置してますでしょう?英語も苦手だし、英国人の会長やら審査員とは意思の疎通なんて夢のまた夢、毎年手探り状態なのに、今年度は組織自体がもめにもめてて、「どうなっちゃうのー!!」でしたよッ。

結果が良くて、胸を撫で下ろしたのです。やっぱり出掛けた甲斐があったと言うものです。還暦近くになって、三ツ星先生は誉れ(大袈裟??)で喜びもひとしおです。

頑張りなさいとまだまだ、押して呉れる誰かか何かかありでしょうか?





スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<インターナショナルアンティックハウス | La Vert Poupee | ブリュ・アッシュ・ジュモー・グーグリー>>
この記事のコメント
それはそれは、おめでとうございます。
やはり認定書がくると実感がわくでしょう?

私は風邪をひいてしまい、先日は声もでないぐらいでした。熱はなかったのですが、弱い咽喉にでたようです。今日の午後ぐらいからやっと元の美声?に・・・もう一歩かな?
2010-12-07 Tue 22:33 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |