ビスクドールの世界
焼成と流し込み
2011-05-08 Sun 18:40
両方一度にトライしています。

昨日、世界一周航海から「帰りました」と生徒さんからご連絡があり、もう一人入会されるかも?知れず、幾つか流し込みをして置く事にしたものです。
繰り返しになりますが、とっても不得手なので、何とか気合を入れてヘッド7個とアーム6組を型取り終えた所です。
ピュアホワイト(ポーセリンの種類)でヘッドを、レディーホワイトでアームを流し込みますので、ボトルも2本となります。1ガロンは如何にも多いので、ヘッド用は3分の2ボトル、アームは半分程を昨夜遅く、うつらうつらしながら攪拌しておいたものを使いました。

また、一昨日はレッスン日で生徒さん達のを次回までに焼成しなくてはと、昨日3ヘッドをせっせとペイントして、合わせて6ヘッドと1アームを今朝焼成しました。

これは午前中に終わりましたが、スリップ(粘土)が残りましたので、後2~3個ついでに流し込んで、やっとお仕舞いです。

いつもの綺麗な手先のと違い、汚れる重労働ですで、ほとほと草臥れました。

優雅なビスクドールの第一段階が、こんなにも大変?な作業とはご存知ないでしょうねッ??
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<緑のカーテン大作戦 | La Vert Poupee | 端午の節句>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |