ビスクドールの世界
アンティークドレス2着
2011-06-25 Sat 21:27
R0019578.jpg
R0019586.jpg
ドールフェスティバルの会場でのこの度の戦利品です。「ミセス・アンティーク・ポー」で取り置いて貰っていた内の2点です。ドレスの態を成していましたので、記念撮影しました。

上のはスカート部分だけで、ジャケットは劣化が酷く処分したそうです。
金茶の刺繍も華やかで、如何にもゴージャスで貴族めいた?一品です。

下は薄いミントグリーン地に小花柄で可愛いらしい、やはりジャケットとスカートです。
これ程小さい花模様は珍しく希望者が多く、6分割してシェアします。

金茶の方も4人で分けます。すでにただ今母が解体しています。解すのも結構大変で、経年による綻びやら裂け、汚れ満載で、使う折、かなり注意が必要です。

それなのにどうして?と可笑しいでしょう。
元々アンティーク好きでビスクドールを創っている我々は同時代の遺物にも目がないんですよッ。
思い込みと言われれば、確かに、ですが、昔の物は味があります。・・・気がします。
これらの古い素材に刺激され、想像の段階ではすでにドール達が着飾っている姿が浮かんでいるのです。

ペイントして焼成して、カットして素焼きして、隔日のペースで進めています。そうそう、水曜日にはミニ流し込みもして、ヘッド4つとアーム1組を乾かしているところです。

合間にブリュ11のミレットのドレスを作り、ほぼ出来上がりました。モスグリーンと玉虫光沢のあるオレンジのちょっと変った配色で、面白いと思います。

金曜日には武蔵野日赤に出向き、人間ドックの結果を聞きました。2箇所気になる点があるとか、再検査となりました。忙しいので、まとめて来月末にしましたが、そろそろ、ガタが来つつあるのかもしれません。世間的には老齢期入りなんですよねッ。全く自覚はないけど・・・

今まさに土曜ワイド劇場・再捜査刑事・片岡 悠介なるものを見ています。
古関先生からビスクドールが出演すると伺ったものですから。






スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<暑い!6月の末 | La Vert Poupee | ブリュ・ブレベテ>>
この記事のコメント
下の写真のドレスは今にも着れそうですね。お袖もふんわり今風ですし、襟と上着の裾のグリンテー色は益々素敵です。解体がもったいないような気がしますが、実際は布地がいたんでいるのでしょうね。お母様もお忙しそうですこと。 土曜ワイド劇場観ました。主人がビスクドールとは○○さんの創るお人形ではないか?とそれはそれは知ったかぶりで騒ぎましたので・・・(笑)
人間ドック 我々は自分では若いと思っていても年ですからね、気をつけましょう。  7月10日をもって友人が経営していた宝石鑑定 と販売のお店を閉じます。不景気ですし 年齢や今後のことを考えてのことのようです。ちょっぴり寂しいです。この年  色々あります。お身体気をつけてください。
2011-06-27 Mon 21:40 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
一見するとドレスですが、解きますとサテン部分など勝手に縦横に裂け、みるみる形がなくなり、お安くはない金額に羽が生えていたと思わざる得ないなんて事も。

だけど、一着に1884年製との表示を見つけた時には、仕様がない!もう130年近い年月ドレスとなり、誰かかれかを装ったのだものと妙に納得して、床一面に広がって埃や繊維の欠片になってしまった元アンティークドレスの傷んだ部分をゴミ箱行きにして、使えそうな所を大事にシェアしました。

どうにかドールの何着かのドレスにはなりそうです。

だから、着用などとてもとても。ただ、ウエディングドレスはヴィンテージもので多分1910~頃かな?着れない事はないでしょうが、夫がいるので、ウエディングの予定が今の所なく、やはり解体しました。、
2011-06-30 Thu 21:45 | URL | 広島猫さまへ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |