ビスクドールの世界
貴婦人と一角獣・・・新国立美術館
2013-07-08 Mon 08:41
しん2
しん3
しん4
先週からビスクドール創りに戻って、レッスンやら焼成やらの生活を再開しました。

まずは6月に「ミセス・アンティーク・ポー」と「MOTOKO」で買い求めたドレスを解体して、これが結構大変な作業で、劣化している所をこれ以上破れない様に丁寧にとかなければならず、都合3着に3日掛かったものです。
金・土曜日2日続けてのレッスンの折、生徒さん達とシェアする約束に間に合いました。

5日の金曜日には時間通りの午後3時過ぎにはレッスンを終え、(いつもは手順勝手の良い所までやりますので、4時を大きく超過したりします)、荻窪の古裂「呂藝」に皆でむかいました。
6日まで市松展開催のお知らせが来ていて、機会があれば和人形も誘い合わせて観に出掛けますし、今回はお近くですので、丁度良かったのです。

昨年も浅草橋の「吉徳」に行ったついでに、近くのアクセサリーパーツ店にも寄って貴石や淡水パールなどを調達して来ました。その際、小さな3号ほどの市松様の抽選申し込みがあり、たまたま味岡映水氏作が当り、1万円で購入出来たのです。此度も8体の抽選があり、皆で申し込んで帰りました。

土曜日のレッスン中に、松乾斎東光氏作が我が家にとの連絡を頂戴しました。
他の生徒さん達は残念ながら外れてしまいましたが、レッスン後、受け取りに行くのに荻窪まで付き合って下さいました。

ここまで長くなりました。タイトルの「貴婦人と一角獣展」新国立美術館には昨日上京して来た娘と行って来ました。7月15日まで。
1500年頃制作のタピスリー(タペストリー)で絹と羊毛で織られた巨大で繊細で優雅な6点にまずは圧倒されます。
以前パリで求めたクッションカバーの模様に、兎とヒイラギと野草を使ってあり、ちょっと馴染み深く思っていました。実物はもちろん家のカバーとは似て否なる物でしたが。

入館前に、ミッドタウン1Fの「HAL YAMASHITA」で創作和食をいただきました。我々はカウンター席でしたが、緑豊かな庭に面したテラスからの風が心地よくもあり、美味しい昼食でした。
ただ、一歩外に出ますと、35度近い猛暑で、美術館までのほんのちょっとの距離にも辟易するほどでした。

今から焼成と流し込みをする予定です。生徒さんの一人がイギリス・ブリストルのコンペティションに急遽参加する事になり、大慌てで作品制作となったのです。1ヶ月半しかありませんので、めちゃめちゃ急ピッチです。

実の所、自身も全く手付かずでどのセクションにエントリーし、どのドールを選ぶかがおぼろげに決めかけている段階です。

兎に角頑張ろう!

先週からビスクドール創りに戻って、レッスンやら焼成やらの生活を再開しました。

まずは6月に「ミセス・アンティーク・ポー」と「MOTOKO」で買い求めたドレスを解体して、これが結構大変な作業で、劣化している所をこれ以上破れない様に丁寧にとかなければならず、都合3着に3日掛かったものです。
金・土曜日2日続けてのレッスンの折、生徒さん達とシェアする約束に間に合いました。

5日の金曜日には時間通りの午後3時過ぎにはレッスンを終え、(いつもは手順勝手の良い所までやりますので、4時を大きく超過したりします)、荻窪の古裂「呂藝」に皆でむかいました。
6日まで市松展開催のお知らせが来ていて、機会があれば和人形も誘い合わせて観に出掛けますし、今回はお近くですので、丁度良かったのです。

昨年も浅草橋の「吉徳」に行ったついでに、近くのアクセサリーパーツ店にも寄って貴石や淡水パールなどを調達して来ました。その際、小さな3号ほどの市松様の抽選申し込みがあり、たまたま味岡映水氏作が当り、1万円で購入出来たのです。此度も8体の抽選があり、皆で申し込んで帰りました。

土曜日のレッスン中に、松乾斎東光氏作が我が家にとの連絡を頂戴しました。
他の生徒さん達は残念ながら外れてしまいましたが、レッスン後、受け取りに行くのに荻窪まで付き合って下さいました。

ここまで長くなりました。タイトルの「貴婦人と一角獣展」新国立美術館には昨日上京して来た娘と行って来ました。7月15日まで。
1500年頃制作のタピスリー(タペストリー)で絹と羊毛で織られた巨大で繊細で優雅な6点にまずは圧倒されます。
以前パリで求めたクッションカバーの模様に、一部分の兎とヒイラギとを使ってあり、ちょっと馴染み深く思っていました。実物はもちろん家のカバーとは似て否なる物でしたが。

入館前に、ミッドタウン1Fの「HAL YAMASHITA」で創作和食をいただきました。我々はカウンター席でしたが、緑豊かな庭に面したテラスからの風が心地よくもあり、美味しい昼食でした。
ただ、一歩外に出ますと、35度近い猛暑で、美術館までのほんのちょっとの距離にも辟易するほどでした。

今から焼成と流し込みをする予定です。生徒さんの一人がイギリス・ブリストルのコンペティションに急遽参加する事になり、大慌てで作品制作となったのです。1ヶ月半しかありませんので、めちゃめちゃ急ピッチです。

実の所、自身も全く手付かずでどのセクションにエントリーし、どのドールを選ぶかがおぼろげに決めかけている段階です。

兎に角頑張ろう!
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ゴーチェのファッションドール | La Vert Poupee | 金魚>>
この記事のコメント
暑い中のお出かけ お元気そうで何よりです。お嬢さまとの美術鑑賞、ランチつきでたのしそうですね。  先日書き込みましたが、清水顕君の写真展出かけてきました。熊本君にも出会いミニクラス会のようでした。
2013-07-08 Mon 21:24 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
懐かしいですね
写真展の内容は?印象は?来年は多分広島三越に呼ばれるでしょうから、その際にでもお逢いしたいものです。
入野先生の新聞記事のコピーが昨日送られて来まして、まだ読んでいませんが、全部ひっくるめて「広島からの便り」と思います。

急に生徒さんの参加が決まり、超多忙になりそうです。
イギリスから帰国して、中10日足らずで娘の結婚式ですので、ウエルカムドールの準備に8月の中旬以降は充てなくてはならないでしょう。
年々忙しくなる気がしますが、もしかしたら制作のスピードが落ちて来ているのかも?
暑く熱くなりそうな夏です。
2013-07-09 Tue 10:10 | URL | 広島猫様へ #-[ 内容変更] | top↑
精力的な夏ですね。お身体には気を付けてくださいね。
清水君の写真展は「ヒロシマの仏石写真展  地蔵の記憶」と題して 爆心地の寺に残る地蔵を撮影したものです。 寺の片隅にひっそり忘れられた仏石を4年半かけて訪ね、撮影したそうです。 写真集が出版されたのを契機に パネルでも発表された由。興味深く鑑賞しました。
それぞれのご活躍 同期として嬉しいですね。入野先生の新聞切り抜きは 私もしており、いずれあなたに送ろうと思っていました。 きっと元研究生の方が送られたのですね。  良かった。  
2013-07-09 Tue 18:36 | URL | 広島猫 #-[ 内容変更] | top↑
同級生
還暦の年、続けて2人同級生が亡くなり淋しいことと思っておりました。
同じ小・中学校の彼が頑張っておられると聞き、何時かまた同窓会に出るチャンスでもあれば・・・
広島三越での個展には隔年で広島に泊り込みますが、終わるとゆっくりする間もなく東京に戻ってますので、タイミング良く皆様とお逢い出来ません。
2013-07-10 Wed 13:56 | URL | 広島猫様へ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| La Vert Poupee |