ビスクドールの世界
初めての北欧
2018-02-11 Sun 10:09
今年9月のコンペティショはノルウェーのスタバンゲルという所で開催されます。もちろん直行便はなく、トランジットに凄ーく時間が掛かりそうで、先日5日にJTBで相談して、困ったもんだとなっていました。

8日のレッスンにみえた生徒さんに付き合って貰って、昨日今度はクラブツーリムとHISに行って来ました。スカンジナビア航空が航空券としてはお安く、トランジットが1か所で済みます。パリ・アムステルダムの2か所と言うのもありましたが、これはこれで大変そうです。取り敢えず、デンマークのコペンハーゲンだけを選択しました。
近畿ツーリストには、すでに航空券が無く、HISで聞くとまだありますとの事、急いで取って貰う事にしました。

その前に予約を入れておいた「美登利寿司」から着信があり、まずは腹ごしらえと、二人で特上ずしに舌鼓を打ち、再訪して、続きを練ります。

とんでもなく長ーい乗り換えの時間待ちをチャンスとして、往きに2泊、帰りに1泊して、コペンハーゲン観光を加える事にしました。
中央駅前の便利なホテルもついでに取って、市内は歩いて回れますとの事、初めての北欧に少しでも色どりをプラスで良しとします。ただ、問題はスタバンゲル・・・
GDSの方からフィヨルドクルーズの申し込みをメールして来ているので、それに参加したとしても、他の日をどうやって過ごしたらいいのか?首都オスロに向かうのも遠く、第二の都市ベルゲンも遠く、何して過ごそう??

と目先の用事をこなしながら、販売部門が引っ越しする「みくに」先週末に連絡してみると、超多忙につき、FAXで注文してとの事、必要な物を書き出し、追加追加で4回も送りました。2~3点入手出来ませんでしたが、再開するまでに必要な物はあらかたゲット出来ました。一安心です。

5月連休中にまた先の8名で展示の予定がありますので、それに向かって指導やら自身の作品やら、の制作に入ってもいます。
この10日ほど、磁器・素焼き・ペイントなどの焼成をほぼ毎日続け、8ヘッドと4アームを用意しています。
此度組み上げるのは、全部ではありませんが、ついでに10月末からの広島三越個展用のも見越してです。
キルンのご機嫌がいつまで続くかとの心配もありますし、1度に窯一杯並べるという貧乏性じみた性格もあるのです。

今朝からペイント焼成中のが先程終わりましたので、夕方に冷えてから取り出し、仕上げをして、今夜もう1度窯入れしようかな、1日に2度は流石に怒っちゃうかしら?

明日あたりドレスデンの流し込みもしたいし、ほら、今年もどんどんあれこれ忙しくなりつつありますでしょう。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
節分と立春の頃
2018-02-05 Mon 21:37
恵方巻き
恵方巻き2
恵方巻き3
恵方巻き4
恵方巻き5
2月3日節分の日、吉祥寺アトレ内の美登利寿司に注文しておいた海鮮恵方巻を夫が持ち帰り、南南東に向かって、夫婦で半分こした物をあーだのこーだの喋りながら食しました。関西の習慣と聞き及んでいますが、定着しましたね。
節分は豆まきだけではちょっと地味、黙ってお願いしながらとなってますが、美味しいものを食べながら、無口はとっても無理・・・縁起が良いかもと・・・バレンタインデイやハロウイン、古くはクリスマスに似てるけど、ただ、日本発なのが宜しいじゃないと毎年続けています。

福豆は深大寺で購入の物、「鬼は外」と2Fのベランダに大豆を撒いて、翌日「福は内」の豆と一緒にキジバト、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメに提供したけど、人気いまいちでした。大き過ぎて食べ辛かったみたい。寒い時期は朝食のシリアルを一掴みお裾分けしているのですが、すっかり当てにされていて、甘目がお好みみたい。

京都の孫の穴子入り恵方巻を食べるを送って来ましたので、載せました。二歳で二粒の大豆を置かれて真剣に見入っているのもありました。

3枚目以降は今日のランチです。吉祥寺の台湾料理の「月和茶」です。中国古民家風の設えで、店内に提灯が下がり、それっぽくの演出で、満席でした。人気があるとみえます。吉祥寺東急の裏道で、今日まで間口が狭く見過ごしてました。

予約のヘアーサロンの後、夫と買い物がてら待ち合わせ、たまたま目的の所がお休みで、夫がスマホで検索して見出しました。料理人は分かりませんけど、女性ばかり働いていて、狭くって家庭的でなかなかいい雰囲気でしたよ。写真はランチメニューで海鮮汁ビーフンと台湾ビールです。

台湾料理と言えば、33年程前、小田急線の祖師ヶ谷大蔵に住んでいた頃、「青柳」というお寿司屋さんの近くに、とっても美味しい台湾人のお店があり、足繁く通ったものです。手造りソーセージが絶品で、その五香の懐かし味を思い出しました。

東急で孫の春物を数点買い求め、用事は出来れば3つ以上と、夫とは別行動し、JTBに寄り広島三越10月30日から11月4日までの個展の際のホテルをキープしました。
リーズナブルでアクセスの良い宿は人気で、もう残り4室となっていました。原爆ドームを訪れたオバマさん効果とベストシーズンの秋の陣で、外国人が年々増えています。まだ早すぎるかもとの杞憂は、どうにか連泊が叶ったと胸を撫でおろす結果でギリギリセーフです。

その後、今年9月のコンペティション会場のノルウェーのStavangerについて相談に乗って貰いました。
イギリス・スイス・ドイツとGDSの言われるままに、どうにかこうにか自力で辿り着いていましたが、此度はかなりの曲者です。

まずは直行便は全く無く、JALでもANAでも2度のトランジットがあります。しかも羽田は望みようがなく、成田発でスカンジナビア航空が一番安上がりで楽とか?20時間程掛かります。遠い、凄く遠い!

トランジットが5時間強、それなら何処かで下車して、数泊して、観光して、遊んで現地入りなんて甘ーく考えてましたが、パリをトランジットならアムステルダム経由でやっと辿り着けるとか・・・なかなか手強い・・・
パリの2~3日の日々の後、シャルルドゴール空港で大荷物に辟易しながら、乗り継ぎに四苦八苦のしている図なんて目に見える様です。もう一度熟考せねばなりますまい。コペンハーゲンなら、ほんのちょっとの手間らしい、デンマークねーー?早速スマホで見たら、観光名所があるみたいだけど、どんな所かしら・・・

去年は珍しくロンドンなんて、お手軽な立地でしたが、今年はどうして寄りにも寄って、辺鄙じゃない?
イギリスからのメールでフィヨルド観光の船を予約しますか?とのお誘い、多分他に目玉になるものがないのでしょうね・・・トホホ

さて行くならどうする?今年行かない選択をしたら、さて来年行ける??我と我が身の衰え振りと、同行の面々のガタつきを鑑みれば、来期は無理かもしれません。どうしようかな、行くべきか行かざるべきか悩んじゃう、 唯一の救いは治安だけは良さそう・・・

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
新春ビスクドール展・・・終了
2018-02-01 Thu 20:21
搬出
搬出2
搬出3
28・29・30日せっせと窯を焼き続けました。ペイントとソフト焼成は絶好調、30日はいよいよ磁器焼成でして、キルンのご機嫌は如何に?と気を使いながらでした。
恐る恐る翌朝蓋を開けてみると、とても良い出来です。確認したら急いで支度して、新浦安へ。

去年末の27日から、1カ月と5日間の長きにわたって開催していました展示会の最終日が一昨日までで、昨日の31日は、また8名で集って搬出しました。11時頃から始め、お昼過ぎには終えてランチをして解散となります。

生徒さんお二人とDAGのお一人も車で駈け付け、それぞれがスーツケースに詰め込んだドール達を車に乗せました。
私以下、中央線沿線の3名の荷物が一番多く、スーツケース4点、ダンボール2個、etc、トランクも後ろの座席も一杯一杯で、私の1つをもう一方の生徒さんの車にお願いし、レッスン日に運んで貰う事にしました。

ローソンから宅急便にする人、ご主人に手伝いを頼んで手持ちで電車で運んだ人、お仲間さんは浦安市民でお近くなので、楽々だったかな。

一応、記念写真を撮って、終了としました。

ランチはまたお隣のブライトンホテル「カシュカシュ」のブッフェスタイルです。
あちこちのホテルランチを頂いていますが、ここと、六本木ミッドタウンのリッツカールトン東京の45Fの「アジュール」が記憶に残りますでしょうか。あくまでブッフェではです。

今、野菜が高騰しているとよく聞きますが、まずサラダ及びドレッシングが美味しい、今回はローストビーフを筆頭に前菜系もスープ系も満足でした。それで、食の進むこと進むこと、デザートを食べ終えるころには、またまたラストオーダーとなりました。

オリエンタルホテルアベニューのブティック「ABISTE」が50%OFFとなっていて、メンバーの中でもショッピング大好きの3名で、もちろん私も、ニットなどを購入しました。春色で大いに気に入りましたもの。

京葉線、中央線と乗り継いで家に着いたのは、4:30近かったと思います。ほんの10分足らずで生徒さんの車が到着し、大荷物を降ろし、更に国立方面に向かわれました。ご苦労様!

夜は皆既月食とかで、何度か屋上に出て、スマホで写してみましたが、赤銅色に輝く満月をどうにか写せました。月食は光が明るすぎて無理でした。これも記念です。

今日は夜半から雪予報が出てて、お昼過ぎから雨模様、ただ今午後8時を回った所でみぞれ中です。明日はまた雪国かな?





別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
第17回東京国際キルトフェスティバル
2018-01-27 Sat 20:31
紅梅1
紅梅2
紅梅3
紅梅4
紅梅5
IMG_3309.jpg
紅梅6
先日26日は水道橋の東京ドームへ出掛けました。ドール関係の知人と生徒さんと現地集合で待ち合わせていました。

水道橋駅からの道すがら、ドームホテルを見上げると手前に大きな紅梅が数本、この寒さの中、余程陽当たりがいいのかしら?鮮やかな紅に色付いていました。

ドーム会場に入ると例年の如く、この人出です。此度は外国人の姿も多く見掛けました。2・3枚目は今年のテーマ「若草物語」です。キャサリン ヘップバーンの1933年の映画に足を止めて、しばし見入ったものですが、大勢の会場中に、この時代に生まれた方は一人もおられないだろうと思いました。

目的の「ミセス・アンティーク・ポー」さんのブースへまっしぐら。自身、生地やレースやら小物やらアンティークの諸々の収集歴20年、集めに集めたりで、溢れんばかりありますが、やっぱり目が無くて漁ってしまいます。

30分後他のお二人も揃い、相乗効果かあれこれ選び、それが楽しみでもあります。

7枚目の23.5×18.5×9.5サイズのヴィクトリアンのカルトナージュの箱に目が止まりました。オランダの子供と見上げる猫がとても可愛く、中の張地も筆差しも状態が良く、すっかり気に入りましたが、紙箱の割には結構なお値段でした。ただ、ポーさんはお得意様だからとお勉強して下さるので、ついつい、後3点小振りのレースも追加しました。

生徒さんは私のお勧めのレースを始め数点購入なさり、知人はお好みのアンティークブローチを選んでおられました。

ご存知のように野球場ですので、とても広いのですが、我々の訪ねる所は2・3箇所だけで、メインのキルト大賞を横目に、出口に向かい、予約したドームホテル43Fの「「アーティスト・カフェ」に腰を落ち着けました。

「ラ・ベットラ」落合シェフ監修のイタリアンが今日のご馳走です。写真は牛ほほ肉の赤ワインソース リガトーニです。前菜・サラダ・ドルチェはブッフェスタイルですが、前回の様な時間制限は無く、ゆっくりとラストオーダーの14:00過ぎまでお喋りしていました。

席が窓側ではなかったので、チェック後、窓辺から見下ろすロケーションを写してみました。ドームの観覧車が見えますでしょう。

25日スタートで最終日は31日、キルトファンにはたまらないイベントなのでしょうね。

その25日はレッスン日でお二人みえ、今日も一方みえましたが、立て続けですっぽり抜け落ちてしまっていて、生徒さんが玄関前に立たれた時、スッピンでパジャマは着替えていたけど、ひどい有様でした。フフフ

それでも慌ててお粉を叩き、目元口元を整え、夕方まで先生面で偉そうにレッスンをこなしましたわ。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
初銀座ブラリ
2018-01-26 Fri 08:34
中華1
中華2
中華3
中華4
中華5
親友を案内して、オリエンタルホテルにまた行って来ました。
ドール達がそれぞれお洒落して140体程並んでいるのは、コンペティションやドールフェア以外では、あんまりないんじゃーないかしら?迫力あるわとの感想を頂きました。

それから銀座に繰り出しました。ズーッと昔々の学生時代から、休日に親友と渋谷か銀座で待ち合わせ、ブラブラ、ウインドーショッピングをしてました。いまだに彼女とのお出掛けはついつい銀座となり、今後も年に数度、そろそろ銀座かなとなる事でしょう。

まずはランチ、前から気になっていたとのことで「JOE,’S SHANGHAI」という中華レストランに入ってみました。柳通りビル地下1階で、ゆったりとした設えが居心地よく、黒酢豚と海老チリランチをシェアして頂きました。サラダと小籠包だけで肝心のメインは写す間もなく食べ終わってしまいました。お勧めです。

出掛ける時も、帰宅時も三鷹あたり、まだまだ雪だらけでしたが、流石の銀座は路地裏も、雪は全く残っていませんでした。

「松屋」を覗き、更に南に向かって4丁目を過ぎ、お日様が眩しく、「GINZA SIX」にも寄り、振り返れば青空が広がり、3枚目、今トレンディーな?並木通りの旧東京朝日ビルにオープンしたばかりの「ハイアット セントリック銀座東京ホテル」「ロレックス」「ルイ・ヴィトン」「サンモトヤマ」の華麗な店構えを横目で見るだけで、4枚目、隣の「瑞花」でうす揚げせんべいを買い,、6丁目の「MIYUKI-KAN」でケーキセットで休憩して、5枚目、ここは古くからのお店で、長居をしがち、夕方親友と別れたものです。

此度はドール達を観て貰うのと銀ブラと、愛犬を亡くし喪失感一杯の心を慰めて頂きました。有り難い事です!寒いけど晴れた1日、少し気持ち良くなりました。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ある日突然
2018-01-23 Tue 10:38
深大寺
深大寺1
深大寺2
深大寺3
深大寺4
深大寺5
先週から今週にかけて、人生いろいろと切なく感慨深い1週間となりました。

何とか夫が直したキルンで、16・17日磁器焼成とペイント焼成をしてみました。久し振りに、磁器焼成も上手く行き、18日のレッスンに間に合い、胸を撫でおろしたものです。

19日はイギリスで購入したジェットとアイボリーの組み合わせのブローチをペンダントとしても使える様に、ジェットの5㎜玉を70㎝位と頼んで置いたジュエリーショップから連絡を頂き、吉祥寺東急に出向く事になってました。

ただ、前日から愛犬の調子が悪そうで、取り敢えず獣医さんへ連れて行き、点滴をして貰い、大丈夫とのお墨付きを貰い、お炬燵で休ませて、出掛けて来ました。
美登利寿司で「キチキチランチ」を頂き、恵方巻の予約をして、午後早くに帰ると、リビングまで迎えに出て来ました。それから3時間足らず、みるみる具合が悪くなり、獣医さんに駈け付ける暇もなく、亡くなってしまったのです。残念!悲しい!18年間長きに渡っての4匹のチワワとの生活が突然絶たれてしまったのです。

翌朝、深大寺動物霊園で見送り、深大寺にお参りし、夫婦で何だかなー虚しくて、吉祥寺まで出向き、福を呼び込めるかもと「玄品ふぐ」で河豚を頂き、美味しかったけど、悲しいままに帰ってきました。

気分を変えなくちゃーとは思うのだけど、鬱々しがち、昨日は雪の予報が出ていて、午前中車でサミットに買い出しに、お昼前頃からみぞれになり、夕方には早くも真っ白になって来ました。4枚目。その後生徒さんのと自身のと5ヘッドのペイント焼成をし終えました。ドール描きに夢中になっている時間は頭の中は筆使いの事で一杯です・・・かな?

今朝の雪国然とした我が家からの景色、お隣の屋根と氷柱、朝日に逆光ですが降り積もった屋上、積雪25㎝は優に越えてるかも。夫は1時間半程、家の前の道路の雪かきや庭木の手入れに奮闘して、お風呂に入り「休む」と3階に上がって行きました。

良いお天気でポタポタと溶ける音が引っ切り無し、道路を進む車のチェーンの音も賑やかな、突然雪国と化した23日の東京です。

さらばエルリム・・・大きな天使と名付けた子・・・
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
信濃町と新浦安と
2018-01-15 Mon 20:27
ああ1
ああ2
ああ3
ああ4
ああ5
ああ6
ああ7
ああ9
新聞広告を目にして、一昨年頃から気になっていた「京都造形芸術大学」の通信教育部芸術学部の1日体験入学に申し込んでみました所、昨日14日の洋画コースに空きがあり、お昼12:00に集合で出掛けて来ました。
200人ほどの老若男女で説明会場は満席でした。
私の様なリタイア年齢ばかりと予想していたのですが、流石に若年層は少な目ではありましたが、30~50代の女性が中心かなと見受けました。

京都の大学ですが、外苑キャンパスがあり、東京でもスクーリングが受けられます。
1枚目はキャンパスに向かう道すがら、建築途上の国立競技場の姿です。大分建ちあがってました。絵画館のはす向かいにモダンな建物が見えて来ました。

1時間程、大学の概要などのお話があり、コース別に教室に分かれて、40人位かな、再度油絵全般の説明の後、実技演習です。

2枚目は課題のサムホールサイズの画板にマチスの裸婦を模写した物の一部です。トレーシングペーパーで輪郭を写し、3本の太目の丸筆と5色の絵具のみで、2時間強ほど、久し振りに油絵具や筆洗油の匂に包まれ、ドール制作に比べれば、臭いし手は汚れるし、爪はウルトラマリンブルーで染まり、セーターの袖口はバーミリオンで真っ赤赤。溶き油で拭い、石鹸を借りて、洗い流したものです。
壁面に掲げて、4人の教授や講師の講評があり、昔々の学生時代を思い出しました。

日本画にも大いに興味がありますが、経験値だと油彩、30代子育ての頃やめてしまって以来で、揮発油のあの匂は強烈だし、今年も例年以上に多忙な上、年はとるしで、たとえ入学しても、続けられるか否か、3年次に編入で、単位数は意外に多目、ただ今深く検討中です。
3枚目は夕暮れの外苑キャンパスで、総武線で1本、駅から徒歩5分、入試は無し、学割もあるそうで、気持ちがなびきます。

今日は新浦安の会場を訪れました。友人を案内してですが、他にもまた新たな展示のお誘いがあり、その主催者に我々の作品を見て頂いたのです。何しろ数が多いので、壮観と仰る方もおられ、見応えがあったようです。

5月の連休頃の仮のお約束をして、ホテル内「美浜」の和食ランチをワイワイと頂き、帰路に着きました。今回のこの展示も皆で楽しく、素敵に並べられそうなのです。

オリエンタル・ホテル東京ベイで再度撮影してみました。ドール達が静かに可愛く待っています。お越し下さいませ!


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
仕事始めをしてみたけれど
2018-01-12 Fri 09:30
2018年1月が早くも2週目の終わりです。
娘達が帰って以降、6日と昨日と2度レッスンをし、9日の月曜日にはお仲間さんと「みくに」に出向き、ウイッグ・グラスアイなどを買い求め、そうそうその前に、4日に初窯で磁器焼成してみたら、また調子が悪く、5日新窯でも試してみたけど、温度が上がらず、それで慌ててニクロム線を買うのが第一目的で「みくに」に駈け付けたものです。

レッスン前に生徒さんのペイント焼成だけでもと夫に旧窯だけは直して貰い、どうにか昨日に間に合わせたのです。もうお一人は長時間の磁器焼成だったので、出来てなく、ドレスを縫い進めて頂きました。

古い窯は購入後12~3年は経ちますので、青息吐息なのかな?
新窯は我が家に来てから、工事人が見つからず、1年近く置いて、エアコンを新調した折、頼み込んで設置して貰い、最初は絶好調だったのが、ある夜、疲れてつけっ放しで眠ってしまい、真っ赤になって怒ったのでしょう、あちこち焼き過ぎでガタガタになり、不貞腐れてしまったものと見え、全く思い通りになりません。

古窯の方が長年の相棒で様子が解り易いので、機嫌を伺いながらですが、こちらも経年劣化でいつまで持ち堪えてくれるのか?やはり新規購入を検討せざるを得ないかも・・・

昨日、今秋の広島三越の日程を確認し、10月最終週から11月初旬となりそうです。それに向けてやはり20体ほどの準備が必要でしょうし、9月のノルウエーでのコンペティションに参加するかどうかも決めなくてはなりません。

高齢者も3年目に突入するし、さていつまでドール創り出来る?レッスンもいつまで続けられる?気力体力もつかしら?


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| La Vert Poupee | NEXT